生物多様性とは何か 井田徹治著

生物多様性とは何か 井田徹治著

現在、世界中で人間の活動によって生物多様性が深刻な脅威にさらされている。自然界においてある生物の個体数が減少したり生息地が縮小したりすると、近親交配が起こりやすくなり遺伝的な多様性が失われる。その結果、病気や環境変化に適応する能力が低くなり、ついには絶滅の危機にさらされてしまうのだ。日本で言えば、大衆魚と言われたイワシの減少やトキの絶滅などは、誰もが知るところだろう。

本書は、環境問題を専門とするジャーナリストが、世界中で報告される生物多様性の危機的状況と、歯止めをかける試みをリポートしたもの。人類も地球上の生態系の一部であることを再認識することの重要性を訴えている。

岩波新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 最新の週刊東洋経済
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新車販売の3割が自社登録<br>BMW「自爆営業」の実態

高級輸入車BMW。その国内販売店で今、大量の新車が中古車として売られている。日本法人が課した厳しいノルマで、ディーラーが自社登録しているのだ。本誌はBMWジャパンの強引な販売の証拠となる内部資料を入手。背景にも迫る。