生物多様性とは何か 井田徹治著

生物多様性とは何か 井田徹治著

現在、世界中で人間の活動によって生物多様性が深刻な脅威にさらされている。自然界においてある生物の個体数が減少したり生息地が縮小したりすると、近親交配が起こりやすくなり遺伝的な多様性が失われる。その結果、病気や環境変化に適応する能力が低くなり、ついには絶滅の危機にさらされてしまうのだ。日本で言えば、大衆魚と言われたイワシの減少やトキの絶滅などは、誰もが知るところだろう。

本書は、環境問題を専門とするジャーナリストが、世界中で報告される生物多様性の危機的状況と、歯止めをかける試みをリポートしたもの。人類も地球上の生態系の一部であることを再認識することの重要性を訴えている。

岩波新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 就職四季報プラスワン
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。