生物多様性とは何か 井田徹治著

生物多様性とは何か 井田徹治著

現在、世界中で人間の活動によって生物多様性が深刻な脅威にさらされている。自然界においてある生物の個体数が減少したり生息地が縮小したりすると、近親交配が起こりやすくなり遺伝的な多様性が失われる。その結果、病気や環境変化に適応する能力が低くなり、ついには絶滅の危機にさらされてしまうのだ。日本で言えば、大衆魚と言われたイワシの減少やトキの絶滅などは、誰もが知るところだろう。

本書は、環境問題を専門とするジャーナリストが、世界中で報告される生物多様性の危機的状況と、歯止めをかける試みをリポートしたもの。人類も地球上の生態系の一部であることを再認識することの重要性を訴えている。

岩波新書 756円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT