iPhone6登場! 注目すべき3つのポイント

アンドロイドを突き放すことはできた?

3つ目がNFCの内蔵である。これまでアップルは、たびたびNFCの搭載を検討してきた。あちこちから電波干渉を防止するフィルム素材などを取り寄せ、試作を何度か作っていたが採用してこなかった。ひとつには金属で覆われるデザインとの相性の悪さもあったが、今回はアップルマークにNFCアンテナを仕込んだようだ。

アップルがNFCを採用してこなかった理由は、”NFCを何に、どのように使うか”というアプリケーション面に課題があったためだ。チケット発行などの簡素な使い方ならば、NFCのような別途端末が必要な技術を使わなくとも、QRコードなどを読み取るだけでいい。

そんなアップルがNFCのもっとも典型的なアプリケーションとして選んだのは、やはりクレジットカード決済「Apple Pay」だった。iPhoneのカメラでクレジットカードのフィエスを撮影し、それをPassbookに登録しておくとクレジットカード決済に必要な情報を認識し、対応NFC端末のある店舗で支払いができる。アメリカン・エキスプレス、VISA、マスターカードが対応し、全米22万カ所で利用可能になる。ファーストフード店からデパート専門店まで幅広くカバーし、10月にサービスインとのことだが、今のところ米国のみでしか利用できない。

アンドロイドを突き放すことはできなかった

さて、iPhone 6はあらたなるイノベーションの幕を下ろす歴史的な製品になるのだろうか。確かに素晴らしい製品である上、iOSとiPhone、それにiTunesが創りだす世界観に、グーグルはまだ追いついていない。しかし、感覚的にその差はかなり縮まっているというのが、単体製品としてのiPhone 6の発表を見ての偽らざる感想だ。

その一方で、"iWatch"と巷では言われていたApple Watchは、この分野の製品に関する一つのベンチマークになる製品になりそうだ。冒頭のFlint Centerに話を戻すならば、後に歴史に刻む製品が発表された場として引用されるとするなら、iPhone 6ではなくApple Watchのほうになるだろう。

”もし、歴史に名を刻むならば”だが、その可能性がより高いのは時計の方だと思う。もちろん、問題がないわけではない。しかし、ひとつの節目になる製品だとは思う。こちらについては別のコラムとしてまとめることにしたい。
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT