iPhone6登場! 注目すべき3つのポイント

アンドロイドを突き放すことはできた?

3つ目がNFCの内蔵である。これまでアップルは、たびたびNFCの搭載を検討してきた。あちこちから電波干渉を防止するフィルム素材などを取り寄せ、試作を何度か作っていたが採用してこなかった。ひとつには金属で覆われるデザインとの相性の悪さもあったが、今回はアップルマークにNFCアンテナを仕込んだようだ。

アップルがNFCを採用してこなかった理由は、”NFCを何に、どのように使うか”というアプリケーション面に課題があったためだ。チケット発行などの簡素な使い方ならば、NFCのような別途端末が必要な技術を使わなくとも、QRコードなどを読み取るだけでいい。

そんなアップルがNFCのもっとも典型的なアプリケーションとして選んだのは、やはりクレジットカード決済「Apple Pay」だった。iPhoneのカメラでクレジットカードのフィエスを撮影し、それをPassbookに登録しておくとクレジットカード決済に必要な情報を認識し、対応NFC端末のある店舗で支払いができる。アメリカン・エキスプレス、VISA、マスターカードが対応し、全米22万カ所で利用可能になる。ファーストフード店からデパート専門店まで幅広くカバーし、10月にサービスインとのことだが、今のところ米国のみでしか利用できない。

アンドロイドを突き放すことはできなかった

さて、iPhone 6はあらたなるイノベーションの幕を下ろす歴史的な製品になるのだろうか。確かに素晴らしい製品である上、iOSとiPhone、それにiTunesが創りだす世界観に、グーグルはまだ追いついていない。しかし、感覚的にその差はかなり縮まっているというのが、単体製品としてのiPhone 6の発表を見ての偽らざる感想だ。

その一方で、"iWatch"と巷では言われていたApple Watchは、この分野の製品に関する一つのベンチマークになる製品になりそうだ。冒頭のFlint Centerに話を戻すならば、後に歴史に刻む製品が発表された場として引用されるとするなら、iPhone 6ではなくApple Watchのほうになるだろう。

”もし、歴史に名を刻むならば”だが、その可能性がより高いのは時計の方だと思う。もちろん、問題がないわけではない。しかし、ひとつの節目になる製品だとは思う。こちらについては別のコラムとしてまとめることにしたい。
 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 地方創生のリアル
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT