決算書読み解いてわかる「しまむらの商売」の裏側

ファーストリテイリングと比較して見えたこと

二大アパレル小売業の「ファーストリテイリングvs.しまむら」を決算書から比較します(写真:山吉晴義/©Bloomberg)
この記事の画像を見る(7枚)
慣れないうちは数字の羅列にしか見えない「決算書」。現実のビジネスとつながるとき、読み解くことががぜん面白くなってきます。「あの会社の強みは?」「どんな戦略?」「儲けの仕組みはどうなっている?」……。新刊『見るだけで「儲かるビジネスモデル」までわかる 決算書の比較図鑑』を上梓した矢部謙介氏が、決算書の直観的な読み解き方を指南します。今回は、二大アパレル小売業の「ファーストリテイリングvs.しまむら」を比較してみましょう。
※決算書(正式には財務諸表)=B/S(Balance Sheet=貸借対照表)、P/L(Profit and Loss Statement=損益計算書)などの総称

原価率や有形固定資産の違いに注目!

“ファストファッション”と呼ばれるカジュアルで低価格の衣料品販売を手がける「しまむら」と「ファーストリテイリング(以下、FR)」ですが、2社の決算書の姿はかなり異なります(図1)。

(※外部配信先では図をすべて閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください)

■図1

(出所)『見るだけで「儲かるビジネスモデル」までわかる 決算書の比較図鑑』

これらの決算書(財務諸表)を見るときのポイントは、4つあります。

●しまむらの決算書の特徴は?
●FRの原価率が低く、販管費率が高い理由とは?
●FRの有形固定資産が少ないのはなぜか?
●しまむらの負債が少ない理由とは?

それぞれの項目について見ていきましょう。

次ページしまむらの決算書の特徴は?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT