勇退「いえぽん」命の危険感じても審判続けたワケ

時には批判を受けた家本政明氏を支えた妻の言葉

「いえぽん」の愛称で親しまれた、サッカー国内トップリーグの担当審判員の家本政明氏が今季限りで勇退した(写真:日刊スポーツ)

「いえぽん」は危険を顧みず、美を求めた。今季限りでサッカー国内トップリーグの担当審判員を勇退した家本政明氏(48)が7日、日刊スポーツのインタビューに応じた。時に命の危険を感じながら、笛を吹き続け、批判を受けながらも、SNSを積極的に発信。家族の支えがあったからこそ、有終の美を飾った。

子どもから「パパは何でこういう仕事しているの?」

「審判をしていて、命の危険を感じたことは?」。

そう問うと「ありますよ。銃を向けられたことはないですけどね」。何事もなかったかのように、家本氏は笑ってみせた。ただ、ある日のこと。「自宅に変なモノが送られてきた」。家族に知られないよう、そっと処理した時もあった。中東での試合を裁いた日は、激高したサポーターが、フェンスを乗り越えてきた。「これはまずいと思いました」。すぐさま、約20人の警備が自身の周りを取り囲んだ。パトカーに先導され、ホテルに戻ったこともあった。

当記事は『日刊スポーツ』の提供記事です

危険を顧みず、笛を吹き続け、誹謗(ひぼう)中傷も意に介さず、SNSを始めた。「風穴開けたかった」。ツイッター、インスタグラム、クラブハウス、note…。あらゆるツールで、声を届けようとした。もちろん批判のメッセージも多く届いたが「待っている人がいっぱいいる」と信じ続けた。「審判はブラックボックスで閉ざされた状況。色眼鏡で見られている。出来る限り、開示することによって、何か変わるかもしれない」。愛称は「いえぽん」。「家本でやるより、1クッション置きたくて」。アカウント名「いえぽん」のツイッターは気付けば、フォロワー数が3万人を超えていた。

時にSNS上での攻撃の矛先は、家族に向けられることもあった。自身がネットニュースなどでたたかれれば、学校に通う子どもたちが「お前の父ちゃんおかしいだろ」と標的にされることもあった。子どもたちから「パパは何でこういう仕事しているの?」と言われることもあったが「未来を見せたかった」。

次ページかつてはファンから「嫌われた」審判だった
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT