産業リサーチ(電力) 独占崩れても10電力体制は不変

1951年以来続いてきた日本の電力供給体制は、世界に例のないものだった。東京電力を頂点とする民間企業10社が割り当てられた地域内での電力小売りを独占してきたのだ。
 これが高コスト体質を温存しているのではないかという問題意識から、旧通産省の主導で小売りの自由化が2000年から開始された。同年から、特別高圧(2000キロワット以上)の小売りが自由化され、大型工場や大型ビルの入札で、商社系や大手メーカー系の新規参入者が電力会社に勝つケースが出始めたのである。
 今後、2004年、2005年と段階的に自由化範囲は50キロワット以上まで拡大される見通しだ。最終的に、家庭用まで含めた全面自由化まで検討課題になっている。実現すれば、固定電話におけるマイラインのように、個人が電力会社を選べるようになる。
 ただ、新規参入者の電源は不足しているうえ、電力を消費者に届けるためのネットワークも既存電力会社に全面的に依存せねばならない。政府の強力な介入がない限り、新規参入者が電力業界の勢力図を大きく変えるのは期待薄だ。

(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。