「上司への報告方法」でわかる一流になる人の思考 重要なのは「主人公は自分である」という視点

拡大
縮小
上司への報告の仕方で、その人の思考がわかります(写真:よっし/PIXTA)
一流になるビジネスパーソンとは、いったいどんな人なのか。大ヒットゲーム『アイドルマスター』シリーズを600億円もの市場規模に成長させた立役者、バンダイナムコエンターテインメントの坂上陽三氏は「主人公思考」を持っている人だと言います。新著『主人公思考』を上梓した坂上氏が、その中身を解説します。

自分の頭で考え、意見を選択し、行動に移す

一流のプレイヤーになりたいのなら、「主人公思考」を持つこと。「主人公思考」とは、一言で言えば「自分事化する」こと。具体的には自分の頭で考え、自分の考えで意見を選択し、行動に移す、ということです。この考え方ができる人は、仕事でも大きな結果を出すことができる。一流のプレイヤーはみんな、根底に「主人公思考」を持っていると感じます。

では、「主人公」とは何かと言うと、その世界における「視点人物」。これを現実世界に当てはめてみると、あなたがいる世界の視点人物は「あなた」になります。

つまり、自分の日常に「主人公」として存在しているのは「自分自身」ということ。たとえ「自分は脇役キャラだ」と思っていたとしても、あなたの「人生の主人公」はほかの誰でもない、あなた自身なのです。

自分の人生の主人公は「自分」である。「よく聞く言葉だし、まあ当たり前だよね」と思うかもしれません。でも、本当に「自分は主人公として生きている」と自信を持って言える人は、どのくらいいるでしょうか。

とくに仕事の場では、この前提がどこかにいってしまうことが多々あります。例えば、上司に「お客様からこんな問い合わせが来たんですけど、どうしますか」と質問したことはありませんか。あるいは、「私ではわからないので上司に確認します」と伝え、上司が言ったことをそのままお客様に伝えたことは?

もちろん、1人では判断できないこともあるし、自分の考えで勝手に進めてはいけない仕事もたくさんあります。でも、ただ人に言われたとおりに動いているだけでは、自分の視点がまるでない。この場合、仕事の主人公は「上司」で、「自分」が不在になっていますよね。

次ページ大多数の人が「周囲の視点」で物事を見ている
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】新興国化する日本、プロの「新NISA」観
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】激論!日本を底上げする「金融教育」とは
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
【田内学×後藤達也】株高の今「怪しい経済情報」ここに注意
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT