ホンダが「電気のバケツリレー」を仕組み化した訳 Jリーグ会場で見たフェーズフリーの現場感

拡大
縮小
電気を取り出す「CHARGING STATION」となったFCバス(筆者撮影)

秋晴れに恵まれた、山梨県甲府市のJIT リサイクルインク スタジアム。この地で、「平時と有事」の2つのフェーズをフリーとする考え方「フェーズフリー」を実感することができた。

「水素×スポーツ Day in 山梨」というイベントでのことである。

これは、2021年明治安田生命J2リーグ第39節「ヴァンフォーレ甲府 vs 松本山雅FC」(2021年11月14日)の開催に併せて、山梨県・トヨタ・ホンダなどが連携して実施したものだ。

会場では「Moving e(ムービングイー)」を活用して様々な電力供給が実施された。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

Moving eとは、2020年8月に詳細が公開された「災害時の電力確保を目指し、移動式発電・給電システムを構築して電気を届ける」ことを使命とするシステム全体を指す。

大型発電機としての母船の役目をするのは、トヨタが東京都向けなどに約100台を納車した燃料電池バス「FCバス」の搭載水素量を約2倍に引き上げた「CHARGING STATION(チャージングステーション)」。ここから電気を取り出すのは、ホンダの「Power Exporter(パワーエクスポーター)」だ。

「CHARGING STATION」から「Power Exporter」へと電気が取り出され、電化製品へと給電する(筆者撮影)

取り出した電気は、可搬型バッテリー「LiB-AID(リベイド)E500」や「モバイルパワーパック」など、小型の電池に振り分けられる。こうした一連の流れを、ホンダでは「電気のバケツリレー」と称している。

フェーズフリーとは何か?

台風や地震による災害時(有事)には、送電線がダメージを受け、通常の発送電が維持できなくなる事態が、これまで全国各地で発生している。

そうした場合に、太陽光発電で得た電気を水電解して水素とし、これを一旦、水素を燃料とする燃料電池バスに蓄え、燃料電池バスが被災地まで出向き、そこで電気のバケツリレーを行うという仕組みだ。

電力網のくくりとして、「グリッド」という表現があるが、Moving eは移動式マイクログリッドという位置付けである。

一方で、災害時(有事)のみの利用では、Moving eのシステム全体の維持コストがかかってしまう。また、災害が起こってから初めて使用すると、地方自治体や被災者などが「電気のバケツリレー」に慣れていないために、利活用がスムーズにできないことも考えられる。

そのため、平時でもMoving eを活用し、維持コストの平準化と住民向けの啓蒙活動を行うことが必要だ。これが、フェーズフリーという考え方である。

そうした中、水素・燃料電池関連産業の集積地「やまなし水素・燃料電池バレー」構想を掲げ、水素社会実現に向けて積極的な山梨県では、これまで県内で実施した防災訓練の場でMoving eを紹介しており、今回は平時での利活用の現場として、Jリーグとの協力を得た展示と訴求活動を実施することになった。

次ページ「電気のバケツリレー」の多様化
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT