政権の最重要人事・パウエルFRB議長再任の顛末 政策の安定性とFRBの政治的独立性を優先した

拡大
縮小

バイデン米大統領が次期連邦準備制度理事会(FRB)議長人事の選考を進める過程で、ウォール街やワシントンでは来年2月に任期満了を迎えるパウエル議長の続投が本命視されてきた。

バイデン大統領はブレイナード氏を高く評価したが…

しかし、今月早い時期にホワイトハウスでバイデン大統領と面談したブレイナードFRB理事は大統領に強い印象を与えた。事情に詳しい複数の関係者によれば、面談時間は事前予定を上回り、内容は米経済の脆弱(ぜいじゃく)な状態やインフレ、中国、気候変動など多岐にわたった。

バイデン大統領とパウエル、ブレイナード両氏(11月22日) 

 

バイデン大統領はブレイナード氏を高く評価し、面談ではFRB議長職について話し合われた。民主党進歩派の一部からもブレイナード氏を推す動きがあった。だが、米国民の間で経済状況への懸念が深まる中にあって、大統領が最終的に下した結論はパウエル氏再任だった。

ブレイナード氏と同じ日に大統領と個別に面談したパウエル氏は、金融規制や気候リスクに関する詳細な質問にもしっかりと答え、再指名されるチャンスが高まった。住宅価格や食料品、エネルギー、自動車などの価格上昇で野党から批判を浴び、世論調査の支持率低下をなかなか反転させることができずにいるバイデン大統領は政治的に安全な選択肢を選んだ。大統領がブレイナード氏とどんなに気が合っても、安定と連邦準備制度の政治的独立性が優先した。

次ページFRB首脳人事の議論は最側近グループに限定
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
半導体需給に変調の兆し、歴史的な逼迫は終焉?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT