ゴールドマンが超低金利時代の終わり近いと指摘

名目金利上昇に向けた長い道のりの途上にある

ゴールドマン・サックス・グループのエコノミストは予想を上回るインフレ高進と巨額な政府支出によって、超低金利時代が終わりに近づきつつある可能性を指摘した。

2008年のリーマン・ブラザーズ破綻後の世界は持続的な物価上昇圧力の弱さと超低金利政策で特徴付けられるが、ヤン・ハッチウス氏とその同僚は、米連邦準備制度と欧州中央銀行(ECB)の新たなフレームワーク採用の決定や気候変動と闘うための投資、世帯の貯蓄増加でそれが変わる公算が大きいと分析する。

「特に投資への一段と強い需要に加え、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に起因するインフレ期待の高まりは、われわれが金融危機後の世界を上回る名目金利に向けた長い道のりにあることを示唆している」とリポートで指摘した。 

同行の分析によると、景気の加速も減速も招かない「中立金利」は金融危機後の年月と比べ50ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上回り得ることを示唆していると説明。インフレ率はパンデミック前の水準を0.5ポイント上回る水準で落ち着くとも見込んでいる。

原題:Goldman Reckons Era of Super-Low Interest Rates May Be Ending(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Catherine Bosley

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT