台湾・李登輝が「戦前日本を賛美した」胸のうち

近現代日本は台湾にとってどんな存在だったか

張有忠さんが亡くなって間もない2007年秋、李登輝前総統との会見が実現した。李登輝は、その年の初夏に訪日し、徴兵され日本軍兵士としてフィリピンで戦死し、遺骨どころか遺髪さえ戻らぬままの兄、李登欽(日本名・岩里武則)の霊を祀る靖国神社に初めて参拝した。松尾芭蕉の「奥の細道」をたどる念願の旅も果たしていた。

ジュネーブに赴任した翌1994年、総統としての李登輝が作家・司馬遼太郎との対談で「台湾人に生まれた悲哀」を語ったのを読み、いつかは会ってみたいと思っていた。

李登輝との会見は、台北市内の私邸で午後遅くから時間制限なしで始まった。尋ねてみたかったのは、その日本への思い、日本の記憶だ。日本の伝統的価値観を賛美し、極めつきの親日政治家と見られていた。そのせいか、日本の右派が秋波を送っていた。

しかし、日本統治時代を生きた人である。「親日」と言っても、そう単純なものではあるまい。その機微を対談で引き出したのが司馬であり、象徴的な言葉が「台湾人に生まれた悲哀」だ。

私邸の広い応接間の大きなソファーセットで向き合った李登輝は、くつろいだベージュ色のジャンパー姿。当時84歳だったが、持病の心臓病などおくびにも見せないかくしゃくぶりだ。

対話はすべて日本語だった

準備体操代わりの世間話のつもりで、国際情勢に水を向けてみたら、「外交の専門家ではないが」といいながら、当時泥沼化していたアメリカの対イラク戦争に始まり、立て板に水で滔々と論じはじめた。明晰な頭脳に舌を巻いた。

対話はすべて日本語だった。日本統治下で「公学校」(台湾での初等教育)、旧制中学、旧制高校へと進み、戦時中に京都帝国大学へ入学した。当時の日本人のごく一部しか享受できなかったエリートコースを歩んでいる。

「ご自身と日本の関わりを象徴するものは何ですか」。アジアの要人と会うときには必ず挟む質問を投げかけたら、すかさず「それは日本語」と答えた。李登輝にとって、最も流暢に話せる言語は日本語と噂されるくらいだ。

そこから李登輝は、戦前日本の教育の賛美を始めた。このペースで戦前日本賛美が続くと、はるばる会いにやって来た意味がなくなりそうだ。聞きたかったのは、「台湾人に生まれた悲哀」だ。

「日本の統治が素晴らしいものを残したのは事実でしょう。でも、否定的な側面もあるはずです」。そう切り返すと、「それはある」とすぐ応じてきた。それまでの戦前日本賛美が断固たる調子だったので、こちらが意表を突かれるほどだった。

「日本も外来政権だ。日本人と台湾人の区別が厳然とあった。その区別が、台湾人の心の中に不公平感を残した。結局われわれ台湾人はマージナルな人間だ」。「差別」でなく「区別」と表現したところに、政治家らしい配慮が窺えた。

次ページ台湾服を着た母との思い出
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
JR東「ダイヤ改正&オフピーク」で狙うコロナ後
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT