最新「ESGに優れた企業ランキング」トップ200社

ESGの取り組みは株価にどう反映されているのか

4位は富士フイルムホールディングスで389.0点。環境97.4点、社会性98.8点、企業統治97.9点、人材活用94.9点。事業を通じた社会課題解決に積極的に取り組むなど社会性得点の高さを中心に高評価だった。株価は5046円から8701円に72.4%アップ。上昇率は上位11社(10位まで)の中で最も高かった。

5位はKDDIで388.4点。環境94.9点、社会性97.5点、企業統治100.0点、人材活用96.0点。「KDDIフィロソフィ(社会への責任を果たす)」を中心に幅広く取り組みを行っている。CSR企業ランキングで1位の同社がESG企業ランキングでも上位となった。株価は3078円から3670円に19.2%上昇。ただ、上位5社の中で唯一、日経平均、TOPIXを下回った。

上位に入った企業の顔ぶれは?

6位は東京海上ホールディングスで388.3点。環境94.9点、社会性97.5点、企業統治97.9点、人材活用98.0点。高いレベルの人材活用、企業統治を中心にバランスよく得点した。グループサステナビリティ憲章を策定し、全社員がCSRを実践するための行動指針として位置付けている。株価は4890円から6043円に23.6%上昇した。

7位は丸井グループの387.0点。環境93.6点、社会性97.5点、企業統治96.9点、人材活用99.0点となっている。ESGを踏まえたサステナビリティの実現を目標として掲げ、幅広い活動を行っている。株価は1937円から2170円と12.0%の上昇だった。

8位はTOTOの386.1点。環境94.9点、社会性96.3点、企業統治96.9点、人材活用98.0点。株価は4655円から5200円に11.7%上昇。「水回りを中心とした、豊かで快適な生活文化を創造する」という企業理念をベースに多くの課題解決に取り組んでいる。

9位はトヨタ自動車の385.6点。環境98.7点、社会性95.1点、企業統治97.9点、人材活用93.9点。株価は1401.2円から1923円(株式分割の調整済み)に37.2%上昇した。

10位は日本電信電話(NTT)と大和証券グループ本社の2社が385.5点で並んだ。株価はNTTが2411.5円から3121円に29.4%上昇。大和証券は478円から658.6円に37.8%上昇した。

次ページESGのブームは続くのか
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT