新型コロナは新興・途上国経済により大きな打撃

IMFが世界の経済成長見通し小幅ながら下方修正

国際通貨基金(IMF)は12日公表した最新の世界経済見通し(WEO)で、今年の世界成長率見通しを小幅ながらも下方修正した。新型コロナウイルス禍からの堅調な回復を引き続き見込んでいるものの、回復の勢いの衰えと国・地域間の格差の拡大に懸念を表明した。

低所得国を中心に一部の国の成長予想を大きく下方修正

IMFは今年の成長率予想を5.9%と、7月時点の予想から0.1ポイント引き下げた。2022年の予想は4.9%で据え置いた。

成長への脅威が増したと指摘し、デルタ変異株とサプライチェーンの逼迫(ひっぱく)、インフレ加速、食料と燃料の値上がりを挙げた。新型コロナワクチンの入手が限られる低所得国を中心に一部の国の成長予想は大きく下方修正した。

チーフエコノミストのギータ・ゴピナート氏は報告書の前文で「全体として景気見通しへのリスクは増し、政策の二律背反はより複雑になった」とした上で、「各国間の景気見通しの危険な格差が引き続き主要な懸念材料だ」と分析した。

次ページ新興国は24年になってもコロナ禍前の成長率を下回る
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT