イノベーションの基礎となる「MVP」とは?

最初の小さな製品が、その後の進化を決める

フードオンザテーブルという会社も、夕食のレシピと食材を配達するサービスだが、初期のサービス開発は、創業者が、毎日一人の主婦と会い、どこのスーパーで何を買うかを聞き、そのスーパーの食品の価格や品質、セールの情報まで調べて対応した。これを、全米に広げるサービスになるまでに数年を要したが、初期の段階ではほとんどITを使わず、顧客にとっての価値、機能などの徹底検証を繰り返したことがベースになった。当時もらっていたおカネは、週に9.99ドルだった。

IMVUという会社は、3Dのアバターとチャットやメッセンジャーの機能を提供している。初期のアバターは、他のサービスのようにスムーズに動かないため動かないように固定した。そうしたところ、初期ユーザーから強い批判が起きた。そこで、単純な方法で、ユーザーが置きたい場所に、アバターを置けるように機能を改善したところ、まるでワープできるような体感を与え、高く評価されるようになった。

アジャイル(俊敏性)が武器になる

前段で、現在は不確実な時代で、新規事業の企画において、予測も計画も非常に難しい時代だと書いたが、これは何もマイナスなわけではない。今は、変化のスピードが速いというより、変化が目まぐるしいということ。 そこでは、大企業の資本力や体力よりも、ベンチャー企業の身軽さ、アジャイル(俊敏)な動きが有利に働く可能性があるということだ。航空母艦ではなく、魚雷艇のようなものだ。

予測の精度を向上させるのではなく、MVPとアーリーアダプターによって、仮説と検証を繰り返し、顧客が満足するサービスを、俊敏に生みだしていく。一旦、顧客になった人を引き留めるには、とにかく俊敏さが必要である。これこそが、新しいビジネスを成功させる重要なプロセスなのである。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT