「緊急自動ブレーキ義務化」さらに強化の意味

11月からスタートだが早くも対象拡大が決定

スバル「レヴォーグ」での対向車検知イメージ(写真:SUBARU)

11月から登場する新型乗用車に、新たな保安基準が適用される。それが「衝突被害軽減ブレーキの義務化」だ。

衝突被害軽減ブレーキとは、プリクラッシュセーフティブレーキやAEBSなどとも呼ばれるもので、車両や歩行者などとの衝突の可能性が検知されると、ドライバーに警報を発した後に自動でブレーキを作動させるシステムだ。

メーカーによってシステムは「Toyota Safety Sense」「Honda SENSING」「アイサイト」などと名付けられている。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

そうした衝突被害軽減ブレーキを義務化する道路運送車両法の改正が、昨年(2020年)1月31日に公布・施行されている。適用は、国産車の新型車が2021年11月より、輸入車の新型車は2024年7月より、国産車の継続生産車が2025年12月(軽トラックは2027年9月)、輸入車の継続生産車が2026年7月となる。

ちなみに、ヨーロッパにおける同様の義務化は2024年7月であり、日本での義務化導入は世界に先駆けたものとなる。

停止車両、走行車両、歩行者に自転車も加わる

今回、義務化される衝突被害軽減ブレーキの具体的な規定は、「静止車両に対して、時速40kmで向かっていったときに衝突しないこと」「時速20kmで走行する車両に対して、時速60kmで走行中に衝突しないこと」「時速5kmで道を横断する6歳児相当のダミー(身長115㎝)に時速30kmで向かっていって衝突しないこと」というもの。

同時に、「エンジン始動のたびに、システムが再起動してスタンバイする」「緊急制動の0.8秒前に警報する」ことも求められる。

また、11月からの適用では、「停止車両」「走行車両」「歩行者」が対象であったが、この9月にさらなる改正が予定されており、そこで「自転車」も対象に加わることになった。

スバル「アイサイト」の歩行者・自転車検知イメージ(写真:SUBARU)

適用は、国産車の新型車は2024年7月、輸入車の新型車が2024年7月、国産の継続生産車が2026年7月(軽トラックが2027年9月)、輸入車の継続生産車が2026年7月だ。

つまり、2021年11月の国産新型車を皮切りに、輸入車の新型車、国産の継続生産車、そして輸入車の継続生産車と続き、2026年7月までに、すべての新車が衝突被害軽減ブレーキを備えることになる。すべてが切り替わるのが5年後、というわけだ。

「衝突被害軽減ブレーキの義務化」と聞くと、大ごとのように思えるかもしれない。しかし、実情は少々異なる。実際のところ、日本市場に大局での影響は少ない。なぜなら、日本ではすでに衝突被害軽減ブレーキが普及しているからだ。

次ページ日本国内の装着率、すでに84.6%。でも…
関連記事
トピックボードAD
自動車最前線の人気記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT