しゃぶしゃぶ木曽路、"松阪牛は偽装でした"

詳報!謝罪会見の一部始終

ここ数年は人事考課の中で、顧客満足度行動にスポットを当て、客からのきめの細かい要望について臨機応変に食材の変更など、能動的に対応することを評価してきた。原価管理で行き過ぎがあった実態を踏まえて、考えていきたい。

松阪牛ではないが、上質な肉だった

――告発などの予定は?

当該の料理長は、まだ現在調査中だ。当人からは不正についてやっているという申告を受けているが、全体を把握したうえで、告発などの処分を決めていきたい。まだ方向性は決まっていない。

松阪牛でない牛肉も最高グレードだったと会社側は説明

――管理者、社長の処分については?

これだけの大きな問題となったので、まずは今回の食品偽装の解明をしっかりとやっていきたい。期限はいつまでとは言えない。

――辞任については考えていないのか。

現段階では、そこまで具体的な考えは持っていない。

――和牛特選霜降肉とはどういう肉なのか。

黒毛和牛の5等級のリブロース、サーロイン。当社の中では一番高いグレードの肉だ。その上に位置する商品として、松阪牛がある。決してグレードの低い肉ではない。仕入れ価格は公表を控えるが、世の中では最高グレードとして取り扱われている肉だ。

――味があまり変わらないからごまかせるということか。

問題を引き起こしておいて、こういうことを言うのはどうかとも思うが、木曽路の店舗で提供しているのは、非常に上質な肉。味の面では大きな差はない。とはいえ、「だったらいいだろう」ということはない。

――差額によって、いくらの利益が出たのか。

結論からいうと、算定は済んでいない。社内調査をして約1週間。食数は確定したが、個別のメニューに関しての算定は出来ていない。

――業績について、どのような影響があるか。

影響の度合いは見積もりできない。現在は「未定」ということになる。予想されるのは、信頼を失ったことで売り上げが各店で減少、低迷する可能性がある。それに、ご迷惑をおかけしたお客様に補償をしていくので、コストと言っては失礼だが、そういう費用がかさんだ場合にも業績に影響がある。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT