産業リサーチ(自動車部品) 国際競争力高め、自立への布石を着々打つ

トヨタ、日産といった自動車メーカーと違い、ともすると地味な印象をぬぐえない、自動車部品業界だが、その国際競争力は極めて高い。自動車業界を支えているその優れた技術は世界で認められ、さらに大胆なコスト削減の成功によって、価格競争力の点でも世界水準に到達している。
 日本メーカーの中で先頭を走るのが、トヨタ系のデンソーだ。売上高こそ世界第4位だが、株価時価総額では世界のトップに君臨している。また、日産系列のカルソニックカンセイは日産本体と歩調を合わせるように、V字型回復を果たしつつある。海外の代表的なメーカーはGMから分離独立したデルファイ、フォードから分離独立したビステオン、欧州で圧倒的な力を持つ独立系のボッシュなどである。
 一般に部品メーカーは、自らの系列に属する完成品メーカーに部品を納入するのが慣例であったが、近年は系列外の取引先向けにも拡販を進めている。その余波で、各社の競争がさらに激化していくことは必至であり、親会社に依存した経営形態はすでに過去のものになりつつある。

(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT