上方修正を先取り予想!V字回復企業トップ10

「会社四季報」秋号で頻出の絶好調ワードも公開

テレワークなど新しい生活様式を商機にしたマザーズ銘柄の躍進が目立つ(写真:TY/PIXTA)

新型コロナウイルスのワクチン接種が進み、新政権の経済対策への期待も高まっている。9月17日(金)に発売した『会社四季報』2021年4集秋号では、明るさが見え始めた環境下で企業の業績回復基調が鮮明となった。

四季報予想を集計した結果、今期(2021年7月期~2022年6月期、対象3470社)の予想営業利益は22.1%増加の見通しに。同12.5%増だった四季報夏号(2021年6月発刊)からさらに増益率が拡大した。

見出しランキングから見える好調ぶり

記事の見出しランキングもポジティブなワードが占めた。もっとも多かったのが、前号から営業益見通しを引き上げたことを示す【増 額】となった。同様の意味の【上振れ】も2位に入った。3位の【独自増額】は特に引き上げ率が大きく、四季報予想が会社見通しより大きいときによく使われる見出しだ。

『会社四季報』(2021年4集秋号)は9月17日発売。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

会社から今後発表される可能性が高い上方修正を、四季報が先取りしているともいえる。ちなみに過去3号において【独自増額】は見出しランキング15位圏内に一度も入ってこなかった。それだけ今期は会社から今後、上方修正が発表される期待が高まっているといえるだろう。四季報発売後に株価が上がりやすいのは、こうした独自予想の会社が多く含まれている。

業種別では、空運が連続赤字、建設業と電気・ガス業が連続減益の予想。また投資評価益が急落するソフトバンクグループが含まれる情報・通信業も減益見通しとなる。一方、前期に赤字転落した陸運業は黒字転換。残り26業種も営業増益の見通しだ(銀行業、保険業を除く)。

上場市場別に見ると、今期の業績予想が特にいいのは新興市場(1部、2部、ジャスダックを除く市場)だ。新興市場(365社対象)は、通販や広告、ゲームなどデジタル化を追い風にする企業が多いため、営業利益は107.4%増と急伸する見通し。東証1部(1993社対象)の同21.7%増と比較しても好調ぶりが際立つ。

次ページV字回復企業ランキングはこちら
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT