東芝・WHがつかんだ初の東欧「原発ビジネス」

ブルガリアで獲得した巨大案件とは

東芝グループは中国でも原発を建設している(写真は三門発電所)© 2014 Sanmen Nuclear Power Company Ltd. All rights reserved.

東芝─米ウエスチングハウス(WH)連合が東欧での原子力発電所ビジネスに橋頭堡を築いた──。

8月1日、東芝の子会社WHは、ブルガリア国営電力会社(BEH)から、原発設備を受注することで基本合意した。ブルガリア北西部にあるコズロドイ発電所7号機の1基を受注する見込みだ。納入する原子炉はWH製の「AP1000」で、出力は110万キロワット程度。2023年ごろに稼働させる計画で、受注額は約5000億円とみられている。

ウクライナ情勢で“脱ロシア”を加速

ブルガリアでは1970年代から原発が導入されている。全6基中、4基はすでに閉鎖。今はコズロドイ5、6号機の2基が運転中で、国内の全電力の約35%を賄っている。しかし、この2基も10年代後半に寿命を迎えるために、新たな原子炉の建設が急がれていた。

目下ブルガリアにあるのはすべてロシア製だ。長年ロシア製を使っており、同国も運転などの知見を持ち合わせている。が、結果的にロシアでなく、WHが選ばれた。数社が入札に手を挙げた中、最終的に露ロスアトムとWHが争い、13年12月、WHが優先交渉権を獲得したのである。

ブルガリアの場合、原発だけでなく、火力発電所で使われる天然ガスの89%をロシアに依存する。「ロシアへの極端なエネルギー依存からの脱却」を政府は考え、他国のメーカーが食い込む余地は広がっていた。そこへウクライナ情勢がダメ押しした。

次ページ東芝とブルガリアの関係もプラス材料
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産・西川社長辞任の衝撃<br>ルノーとの対立が再燃も

株価連動型報酬を不正に上乗せして受け取っていた西川社長が辞任を発表した。対ルノーの防波堤だった同氏の退場は、日産の独立性を揺るがしかねない。ゴーン時代の有力な後継者候補が去り人材難の日産。次期社長の人選が将来を決める。