空回り社長が知らない「弱みを見せる」絶大な効果

ひと昔前の社長像は威厳あるカリスマだが…

威厳があるカリスマ。「理想の社長像」で悩んでいた経営者が、最後の会議で本音を語ると……(写真:takeuchi masato/PIXTA)
時代によって「理想の社長像」も移り変わっています。しかし、古いタイプの経営者の場合、経営者自身が思う「理想の社長像」と社員たちが考える「理想の社長像」にはズレがある場合も少なくありません。これまで500人以上の経営者・社長に「感情コンサル」を行ってきた押野満里子氏によると、「強く厳しい社長の指揮の下で『努力』と『根性』によって乗り切る時代はすでに終わった」といいます。
押野さんの著書『社長はメンタルが9割』から一部を抜粋・編集し、そんな昔気質の社長の「感情」を整えることで経営危機を乗り越えた実例を紹介します。

「気持ち次第で経営が上向けば苦労しないよ」と思うかもしれませんが、企業経営でいちばん大切なことは、社長さんご自身がメンタル、すなわち感情を整えることだと考えています。

今回は、「社員には自分の弱みは見せられない」と考え、独りで悩みを抱え込んでしまっていた、50代のスーパーマーケットオーナー社長・新田幸次さん(仮名)の事例をご紹介しましょう。

※なお、事例は実例をベースにしていますが、個人を特定できないように脚色を加えています。

カリスマを目指した昔気質の社長

「もう、社長を辞めようと思っているんです」

スーパーマーケットのオーナー社長として、7店舗を展開する新田社長は、疲れた表情で私にそう言いました。

新田社長の信条は、「社長たるもの、社員に弱いところを見せてはいけない」。

社長は何でも知っていて、何でもできる。そして人格者でなくてはならない、と自分に課して頑張っていました。

ところが、ある日、テレビのビジネス番組を見てショックを受けます。

その番組で紹介されていたある社長は、あっけらかんと、「社員にいろいろなことを教えてもらって、助けてもらっています」と言い放ちました。部下に自分の弱い部分を平気でさらけ出している。それでいて、社員たちから愛され、信頼もされている。

そんな社長の姿を見て、頑張っている自分が馬鹿らしくなってしまったというのです。

次ページ昭和タイプのカリスマ経営者を目指していたが…
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT