パウエル議長の講演受け次の大注目は雇用統計

市場予想上回るなら利回りのスティープ化持続

世界最大の債券市場である米国債市場は、次の波乱材料を長く待つ必要はなく、年内の米国債利回りの行方を決める極めて重要な米雇用統計が今週発表される。

利回り曲線は先週、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の講演後、1年で最も平たん化した水準から7月以来初めて週間ベースでスティープ化した。議長は年内に債券購入の縮小を開始し得ると述べたが、その後に急いで利上げに着手しない考えを示した。

今週の雇用統計がFRBのテーパリングを予想する鍵

議長はまた、新型コロナウイルスのデルタ変異株流行への懸念も表明したため、トレーダーは8月の雇用統計に焦点を合わせ、年内残りの3回の連邦公開市場委員会(FOMC)のどこで当局が資産購入のテーパリング(段階的縮小)計画を発表するかを見極める構えだ。そうした中で9月3日に力強い雇用統計が出てくれば、早期のテーパリング観測が高まり、スティープ化のトレンドが続く可能性がある。

 

コロンビア・スレッドニードルのポートフォリオマネジャー、ジーン・タヌッツォ氏は電話インタビューで、「パウエル議長はテーパリングの要件としきい値を非常に異なるものとして分離を目指し、利上げについてはさらに厳しいテストがあると述べて、素晴らしい仕事をした」と評価。 「デルタ株感染拡大の中で予想よりも良いデータが出れば、テーパリングが実現し、利回り曲線はスティープ化する可能性があると思う」と語った。

次ページボラティリティーが急上昇する可能性も
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
ウエルシアがイオンと挑む「ドラッグストア飽和」打破の勝算
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT