ミクシィ、「スマートニュースと提携」の深謀

モンストの攻勢続き、業績は絶好調だが・・・

モンストのキャラクターグッズの販売も開始された

ミクシィはモンストの成長に注力するべく、新たな施策を打ってきた。

一つは海外展開。5月から台湾で配信を開始。広告をほとんど打たない状態で、すでに70万人のユーザーを獲得した。今月からはラッピングバスを走らせるなど、積極的にプロモーションを行っていく。中国や香港、マカオでも、配信に向け準備を進めている。「モンストは全世界で受け入れられると思っている」(森田仁基社長)と、アジア以外の市場への進出にも意欲を見せる。

もう一つは、グッズ展開や攻略本、雑誌コラボ、コンビニでの商品タイアップなど、リアル領域への進出だ。森田社長は「ネット上以外でもモンストを目にする機会を積極的に作っている。ユーザーにとって面白く、ミクシィも協力パートナーもウィン・ウィンになれることを重視している」と説明する。

新作より、内外でモンストを伸ばす

たとえば、6月下旬から7月上旬まで、全国のローソンで「モンストキャンペーン」を実施。「お~いお茶」などの対象商品を購入、スマホにシリアルコードを入力すると、モンストで使える限定モンスターが手に入るもので、大好評を博した。リアルへの展開は、関連商品の販売収入に加え、モンストのユーザー層の拡大が見込めそうだ。

モンストを育てるだけでなく、新作ゲームを作る考えはないのだろうか。森田社長は、「ゲーム投入も海外進出も、新しい市場を開拓するという意味では、ほぼ同じ。ただ、新作を出すとモンストのユーザーがそちらに流れる可能性があるが、海外なら純粋に上乗せになる。だから、新作を作るより、まずは国内と海外でモンストをさらに伸ばす」と戦略を語った。

次ページスマートニュースに出資へ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT