ミクシィ、「スマートニュースと提携」の深謀

モンストの攻勢続き、業績は絶好調だが・・・

モンストのキャラクターグッズの販売も開始された

ミクシィはモンストの成長に注力するべく、新たな施策を打ってきた。

一つは海外展開。5月から台湾で配信を開始。広告をほとんど打たない状態で、すでに70万人のユーザーを獲得した。今月からはラッピングバスを走らせるなど、積極的にプロモーションを行っていく。中国や香港、マカオでも、配信に向け準備を進めている。「モンストは全世界で受け入れられると思っている」(森田仁基社長)と、アジア以外の市場への進出にも意欲を見せる。

もう一つは、グッズ展開や攻略本、雑誌コラボ、コンビニでの商品タイアップなど、リアル領域への進出だ。森田社長は「ネット上以外でもモンストを目にする機会を積極的に作っている。ユーザーにとって面白く、ミクシィも協力パートナーもウィン・ウィンになれることを重視している」と説明する。

新作より、内外でモンストを伸ばす

たとえば、6月下旬から7月上旬まで、全国のローソンで「モンストキャンペーン」を実施。「お~いお茶」などの対象商品を購入、スマホにシリアルコードを入力すると、モンストで使える限定モンスターが手に入るもので、大好評を博した。リアルへの展開は、関連商品の販売収入に加え、モンストのユーザー層の拡大が見込めそうだ。

モンストを育てるだけでなく、新作ゲームを作る考えはないのだろうか。森田社長は、「ゲーム投入も海外進出も、新しい市場を開拓するという意味では、ほぼ同じ。ただ、新作を出すとモンストのユーザーがそちらに流れる可能性があるが、海外なら純粋に上乗せになる。だから、新作を作るより、まずは国内と海外でモンストをさらに伸ばす」と戦略を語った。

次ページスマートニュースに出資へ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。