アップル「iPhoneはまだ売れる」と予測するワケ

ティム・クックCEO「5Gはまだまだ普及の序盤」

アップルのCEO、ティム・クック氏は7月27日、決算発表の電話会議で何を語ったのか……。写真は2020年10月に開催されたiPhone 12発表イベントでのクック氏(写真:アップル)
この記事の画像を見る(3枚)

アップルのCEO、ティム・クック氏は7月27日、決算発表の電話会議で、「5Gはまだまだ普及の序盤」「5G普及率は非常に非常に低い状態」と述べ、「未来のiPhoneにとって非常に良い環境」であると指摘した。つまり、iPhoneはまだまだ売れる、との明るい見通しを持っている。

では、2021年、どんなiPhoneを登場させ、市場を取っていくのだろうか?

コロナ禍で連発の好決算

アップルは2021年7月27日(アメリカ時間)、2021年第3四半期決算(2021年4〜6月)を発表した。売上高は814億3400万ドルを記録し、前年同期比36.4%増。第3四半期決算としては過去最高を記録し、史上3番目に多い四半期の利益となった。

特に大幅な売上高増を記録したのがiPhoneだ。売上高は395億7000万ドルで前年同期比49.8%増を記録。およそ1.5倍に伸ばしたのだ。

2020年9月に発売された「Apple Watch Series 6」。耐水性能を備えているので雨の日でも着用できる(筆者撮影)

これに釣られる形で、ウェアラブル・ホーム・アクセサリー部門の売り上げは87億7500万ドルと、前年同期比36.0%増。大ヒット商品となったAirPodsに加え、特にApple Watchが伸びており、購入者の75%が新規購入者だったという。

ちなみにMacは16.3%増、iPadも11.9%増と、小幅な伸びとなっているが、これは前年同期にすでにコロナ需要による急成長が始まっていたためだ。

今回の決算を見ると、iPhoneは明らかにその勢いを取り戻しており、iPhone 12シリーズの製品力の強さを物語る結果となった。

次ページただし、本当の実力ではない
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT