演説で日本に対話を呼びかけた韓国大統領の真意

「光復節」演説で対日批判のトーンを抑えた理由は

任期中最後の演説となった「光復節」演説を行う文在寅大統領(写真・ソウル新聞)

韓国の文在寅大統領は2021年8月15日、日本からの植民地解放を祝う「光復節」の演説を行い、「朝鮮半島の統一にはより多くの時間がかかるとしても、南北が共存し、朝鮮半島の非核化と恒久的平和を通じて東北アジア全体の繁栄に寄与する朝鮮半島モデルを作るとができる」と訴えた。さらに、「朝鮮半島の平和をしっかりと制度化することこそ、韓国と北朝鮮の双方にとって大きな利益」と付け加えた。

文大統領は「われわれにとって分断は、成長と繁栄の最大のネックであると同時に、恒久的平和への道をふさぐ大きな障壁だ。しかし、この障壁は乗り越えることができる」と述べ、信義と善意のやりとりを行いながら共存共栄を追求した過去の東西ドイツのようなモデルを、朝鮮半島でも構築する必要性を力説した。

日韓「ツー・トラック」協議方式をアピール

日韓関係については未来志向的な協力と慰安婦や徴用工問題などの歴史問題を分けて協議する「ツー・トラック」方式を再確認しながらも、対話を進めることを強調した。文大統領は「韓国と日本は(1965年の)国交正常化以降、民主主義と市場経済という共通の価値を基盤として分業と協力を通じた経済成長をともに成し遂げてきた。これこそ、今後も両国がともに進むべき道だ」と述べた。

さらに「懸案はもちろん、コロナ禍と気候変動など世界が直面する脅威に共同で対応するための対話の窓はつねに開かれている」と明らかにした。ただ、「正すべき歴史問題については、国際社会の普遍的な価値と基準に合う行動と実勢で解決していく」と付け加えた。

コロナ禍への対応について、「デルタ型ウイルスの拡散による第4派の感染急増を乗り越える。10月になれば国民の70%が2回目のコロナワクチン接種を終えられるように接種率の目標を高める」と述べた。

2021年の光復節での演説は、文大統領にとって2022年5月までの任期において最後の演説となった。まったく解決の兆しが見えない南北、日韓関係については、新たな提案を行う代わりに、政権が変わったとしても引き続き進むべき「新たな夢」に言及したことで、国家的ビジョンという側面からアプローチを行った。

次ページコロナ禍対策や長期的なビジョンに言及した演説
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • グローバルアイ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT