路線バスで野菜運ぶとなぜか「乗客が増える」ワケ

神姫バス「貨客混載」でわかった多方面への効果

神姫バスが行っている貨客混載事業の特徴は、間に物流業者が介在しないという点である。一度に積み込める荷物の量に限りがあるためJAが取りまとめたうえで、青果物の生産者がバスに直接積み込み、荷卸しは販売所のJAスタッフが行う。これにより、カゴ1個あたり200円または250円(大きさによって異なる)という低廉な運賃での実施が可能となった。ちなみに、運賃はJAが仲立ちする形で神姫バスに支払っている。

生産者やJAにもメリット大

また、生産者にとっては青果物を自分で販売所に持ち込む必要がなくなる。道幅が狭い箇所もある山道を、片道20~30分かけて運転するというのは、特に高齢の生産者にとって小さくない負担だ。実際、運転への不安から「作っても出荷できないため、青果物を作れない」という声があり、貨客混載事業の開始が引き金となって生産を再開した人もいるという。

JAにとってもメリットは大きい。JAのパートナーである生産者が増えるというのもあるが、これまでは生産者からの納品が朝だけだったため、昼過ぎには品薄になってしまうという問題もあった。バスで運ばれた野菜は12時前に店頭に並べられるので、ちょうどよいタイミングとなる。運賃収入が得られる神姫バスのメリットは、言わずもがなだ。

次ページ消費者も喜ぶ貨客混載
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 見過ごされる若者の貧困
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • iPhoneの裏技
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT