三井物産vs伊藤忠、純益6000億円台めぐる攻防戦

資源高で業績を上方修正、非資源事業も回復

三井物産と伊藤忠商事が「商社トップ」の座をめぐって争っている(撮影:左は筆者、右は梅谷秀司)

鉄鉱石や原油価格などの資源高を追い風に、三井物産と伊藤忠商事による「商社トップ争い」が激化している。

三井物産は8月3日に2021年4月~6月期決算を発表し、2022年3月期通期の純利益予想を従来の4600億円から6400億円へ大きく引き上げた。上方修正額の1800億円のうち、金属資源セグメントが1600億円、エネルギーセグメントが200億円、いずれも資源関連事業が貢献した。

「資源商社」と呼ばれてきた三井物産はこれまで、全社利益の過半を資源関連事業でたたき出してきた。同社にとって資源高がいかにプラスに影響するかが、今回の業績修正で改めて鮮明になった格好だ。

非資源事業にも追い風

特に大きな押し上げ要因となるのが鉄鉱石だ。原油、銅などあらゆる資源価格が上昇している中、鉄鉱石は中国の旺盛な需要を反映して、2021年4月~6月期は前年同期と比べて約2倍に価格が上昇した。

三井物産は期初時点で、鉄鉱石価格が年度末にかけて徐々に下落していくと見ていたが、4月以降に急上昇したため、業績予想を大きく上方修正した。同社の内田貴和CFO(最高財務責任者)は「(鉄鉱石価格について)先行きの見通しを変えたわけではない」と、楽観論で業績見通しを増額したのではないと強調する。

非資源事業も好調だ。北米での自動車・商用車販売や化学品事業などが順調で、医療関連事業も回復途上にある。同社は2019年3月、マレーシアやシンガポールで病院運営事業を行うアジア最大の民間病院グループ「IHHヘルスケア」に約2300億円を追加出資し、筆頭株主となった。

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で医療ツーリズム事業は低迷しているが、通常診療の稼働率上昇や集中購買などのコスト低減策が奏功し、業績は「前期に比べて急速に回復している」(内田CFO)。

次ページさらなる業績上方修正に含み
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT