独ブランド買収の中国自動車メーカーに重いツケ

福田汽車、減損迫られ利益を83億円押し下げ

福田汽車が設立した宝沃汽車の販売はまったく振るわなかった(写真は宝沃汽車のウェブサイトより)

中国国有自動車大手の北京汽車集団の傘下企業で、大型トラックなど商用車を主力にする福田汽車は、7月23日、2021年1~6月期の決算報告を開示した。そのなかで同社は、関連会社である「宝沃汽車」の経営不振による減損損失が、税引き前利益に4億9000万元(約83億5000万円)のマイナスをもたらしたと明らかにした。

宝沃汽車の社名の由来は、1961年に破産したドイツの自動車ブランド「ボルクヴァルト」である。2014年に福田汽車は500万ユーロ(約6億4980万円)でボルクヴァルトのブランド利用権を買い取り、2016年に宝沃汽車を設立。福田汽車の乗用車技術をベースに開発した数種類のモデルを発売したが、販売はまったく振るわなかった。

2018年に福田汽車は宝沃汽車の不振のあおりを受け、純損益が約36億元(約613億4400万円)の赤字に転落した。同年10月、福田汽車は(子会社の損失が親会社の連結決算に及ぼす影響を軽減するために)宝沃汽車の発行済み株式の67%を競売にかけて手放した。

その株式を取得したのは、当時M&A(買収・合併)で勢力を拡大していた「神州系」と呼ばれる新興企業グループを率いる陸正耀氏の関連会社だった。ところが、神州系は資金ショートに陥って株式の取得代金を支払えなくなり、福田汽車の財務をさらに圧迫する結果になった。

未収金の残高にはさらなる減損リスク

福田汽車には、宝沃汽車に関連する資金の焦げ付きが主に2つある。1つ目は神州系から回収不能となっている67%の株式の譲渡代金、2つ目は福田汽車から宝沃汽車への貸付金で、合計約82億元(約1397億2800万円)に上る。福田汽車が2020年4月に開示した情報によれば、その時点で株式譲渡代金のうち14億8000万元(約252億1900万円)が未回収であり、貸付金については未返済分の支払期限を延長していた。

本記事は「財新」の提供記事です

宝沃汽車関連の未収金の残高には、今後さらなる減損リスクがある。2021年6月30日時点の財務諸表には、株式譲渡の未回収金が時価評価の減損を折り込んでも10億1600万元(約173億1300万円)、宝沃汽車への貸付金が同じく減損を折り込んでも13億6600万元(約232億7700万円)、それぞれ計上されている。

目下の経営状況からみると、宝沃汽車が苦況を自力で抜け出すのは難しい。宝沃汽車が北京市の環境保護局に提出した文書によれば、2020年2月から2021年6月末までの期間、宝沃汽車の工場はまったく稼働していなかった。

(財新記者:安麗敏)
※原文の配信は7月24日

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT