文章がわかりにくい人と「伝わる人」の決定的な差

頃合いをはかり誰に向けて何を書き、書かないか

紙の本をぱらぱらとめくったとき、「読みやすそう」と感じるものと、「読みにくそう」と感じるものはありませんか? その違いは、レイアウトによるものです。読みやすい文章は、改行、段落、行間を適度に空けています。書く内容も大事ですが、デザインレイアウトにも気を配りましょう。

伝えるためのレイアウトを理解しよう

文字だらけの文章は読む気が半減します。1行20文字程度で表示されるスマホ画面では、文字が多くなると画面がいっぱいになってしまいます。「その記事がどうしても読みたい」のであればいいでしょうが、そうでなければ、冒頭の一文すら読まれない可能性が大です。

読みやすく改善するためには、一文は40文字以内、文章のひとかたまり(段落)は140文字程度に抑えて、改行する――たったこれだけのことで、適度に行間が空いて、文章がとても読みやすくなります。

文章レイアウトは、紙の書籍とWebページで異なります。紙の書籍は、段落ごとに1マスあけますが、Webサイトでは、基本的にはすべて左揃えで統一します。同じWebサイトでも、ニュース記事はあまり行間を空けず、約140字で改行し、1行空けて次の文章を書きます。

ブログやメルマガなどは、一文書くごとに改行、1行スペースを空けて次の文章を書きはじめます。文章を投稿する場所によって、使い分けます。

『100万PV連発のコラムニスト直伝 「バズる文章」のつくり方」(WAVE出版)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

紙の書籍の場合は、文字は基本的に縦書き。1行あたりの文字数は40文字程度です。おおよそ2、3行ごとに改行をします。それによってページ下段に余白ができます。紙の場合は、話が一段落したところで、1行空けて余白を作ります。

Webサイトの記事は、パソコンとスマホで読まれることを前提にデザインを組みます。このとき行間が空きすぎていると、最後まで読み切るまでに何度も画面をスクロールしなければいけなくなります。

ブログに関しては、逆に文字がぎっしり詰まっていると、息苦しさを感じます。なぜなら、ブログなどは、リラックスした気分で読みたいからです。こんなときは、余白が多いほうが読まれやすいのです。

文章の内容以上にレイアウトも大事です。自信のない方は一度、自分の文章のレイアウトについて、見直してみることをおすすめします。紙媒体、Web媒体、ニュース記事、ブログ記事。それぞれ読む局面と目的、読者層も異なります。目的に応じたレイアウトを心がけるといいでしょう。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT