国家プロジェクトは500億円を境に国際化

ビッグサイエンスの成長戦略とは?

巨大化した科学、なかでも科学者の興味から発展するボトムアップ型の基礎科学は、ほぼ例外なく国家プロジェクトから国際プロジェクトへと移行します。今回は、どのあたりで国際プロジェクトへ移行するのか、また、国際プロジェクトの成果は、誰のものになるのかを見ていきます。

半世紀の間の巨大化と、最近のスマート化

欧州原子核研究機構CERNの巨大加速器は周長27kmにおよぶ(赤線の地下に設置されている、提供:CERN)

大型化を続けている代表的な装置に、ロケットや粒子加速器があります。どちらもこの半世紀の間、大型化、強度化が進んでいますが、最近ではロケットについては小型化をしてコストパフォーマンスよく使用する、加速器については医療など他の分野で利用する流れも見えてきました。

日本におけるロケット開発は、1955年にわずか23cmの小さなペンシルロケットを打ち上げることから始まりました。大重量を打ち上げることができる液体燃料ロケットでは2009年に初フライトをしたH-IIBロケットが運用されています。こちらは全長56.6m、重量531トンと非常に大きいロケットです。日本はいま、H-IIBロケットの次にくる、次期基幹ロケットの議論を進めています。

一方で日本の固体ロケットは、コストパフォーマンスを重視したイプシロンロケットの開発に成功しました。イプシロンロケットは、1.2トンの衛星を打ち上げる能力を持ち、全長24.4m、重量91トンで、それ以前の個体ロケットM-Vと比較すると少し小ぶりですが打ち上げコストの半減に成功したスマートなロケットです。

粒子を加速する加速器も大型化を続けています。ヒッグス粒子を発見するに至ったLHC加速器の周長は27kmにも達します。

日本では理化学研究所で1937年に近代的な加速器である、陽子サイクロトロンが作られました。戦後の混乱を抜けて努力を続け、1976年に陽子シンクロトロンが現在の高エネルギー加速器研究機構に設置されます。これはいわば準備段階で、1983年に運転を開始した加速器「トリスタン」で日本は、「世界一の衝突エネルギーを達成」することになりました。

次ページ世界最高の「ルミノシティ」を誇る加速器
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
日本人に多い「腸を汚すフルーツの食べ方」4大NG
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT