大手邦銀はストレス環境から脱却も、バランスシートに対する収益性の低さなど課題は残る《ムーディーズの業界分析》


金融機関グループ
SVP-リージョナル・クレジット・オフィサー 鈴木 陸生

大手邦銀は2009年度、業績が回復し正常化したことと信用コストの減少により、08年度のストレス環境下での損失から回復して純利益を計上した。これは、大手邦銀が大幅な資本増強を行うと同時に、リスクアセットを落としていく能力を示すものである。

[+]画像拡大

しかし、09年度に改善を見せたとはいえ、邦銀が直面する根本的な問題は依然として変わっておらず、特にバランスシートに対して収益性は低い水準にとどまっている。また、最近の資本増強により、この問題がさらに悪化する可能性もある。

大手邦銀の株式関連取引が09年度に前年度大幅な損失から回復したのは、国内株式市場の全般的な回復の結果によるところが大きい。また、邦銀は直接、または日銀が設けた株式買い取り制度や、銀行等保有株式取得機構(特別法に基づき創設された政府系機関)を利用し、持ち合い株式の売却を進めた。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT