注目された産業再生機構の開所式で、斉藤惇社長が述べた本音とは何か

5月8日午前に東京国際フォーラムで産業再生機構の開所式が行われた。セレモニー終了後の社長会見では、斉藤惇社長が熱弁を振るったが、その中で気になる発言を2点紹介しよう。
 (1)貸出債権の売り手となる銀行側の反応について。「ある銀行は今後の不良債権オフバランスでは全面的に再生機構に相談します、と言ってくれた」と、随分と景気のいい発言があった。
 (2)債権の買い取り価格算定について質問が及ぶと「民間ファンドは利益を上げることが目的だから、正直言って買い叩きをしている。我々は買い叩くようなことはしない」と言明。事実上、現在の民間取引における価格水準(=市場価格)よりも高値で買う可能性を認めた。
【山田 記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 離婚のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。