注目された産業再生機構の開所式で、斉藤惇社長が述べた本音とは何か

5月8日午前に東京国際フォーラムで産業再生機構の開所式が行われた。セレモニー終了後の社長会見では、斉藤惇社長が熱弁を振るったが、その中で気になる発言を2点紹介しよう。
 (1)貸出債権の売り手となる銀行側の反応について。「ある銀行は今後の不良債権オフバランスでは全面的に再生機構に相談します、と言ってくれた」と、随分と景気のいい発言があった。
 (2)債権の買い取り価格算定について質問が及ぶと「民間ファンドは利益を上げることが目的だから、正直言って買い叩きをしている。我々は買い叩くようなことはしない」と言明。事実上、現在の民間取引における価格水準(=市場価格)よりも高値で買う可能性を認めた。
【山田 記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT