注目された産業再生機構の開所式で、斉藤惇社長が述べた本音とは何か

5月8日午前に東京国際フォーラムで産業再生機構の開所式が行われた。セレモニー終了後の社長会見では、斉藤惇社長が熱弁を振るったが、その中で気になる発言を2点紹介しよう。
 (1)貸出債権の売り手となる銀行側の反応について。「ある銀行は今後の不良債権オフバランスでは全面的に再生機構に相談します、と言ってくれた」と、随分と景気のいい発言があった。
 (2)債権の買い取り価格算定について質問が及ぶと「民間ファンドは利益を上げることが目的だから、正直言って買い叩きをしている。我々は買い叩くようなことはしない」と言明。事実上、現在の民間取引における価格水準(=市場価格)よりも高値で買う可能性を認めた。
【山田 記者】


(株)東洋経済新報社 電子メディア編集部

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。