「今の株価はバブルだ」という人ほど損しやすいワケ

株が上がる理由は「買う人」が多いから?

「今の株価はバブルだ」と根拠もなく言う人は、実は損をしやすい?(写真:takeuchi masato/PIXTA)

株が上がるのは“買う人が多い”からではない。

株式市場ではアメリカのニューヨーク市場で主要な株価指数が史上最高値をつけるなど、総じて順調に推移しています。

中には「日本はともかく、アメリカはバブルではないか」という人もいます。これはまったく私の個人的な意見ですが、日米共に高すぎるとか、バブルだとかいう状況ではまだないと思っています(あくまでも個人的感想で買いを推奨しているわけではありません)。

私はアナリストではありませんので、企業の利益や資産などをもとに、今の株価が割高か割安かを評価する「バリュエーション分析」に基づいてそのように判断しているわけではありません。ただ、投資家の心理的な動きでもって、今が高値圏かどうかというのはある程度判断できるのではと思っています。

多くの人が投資で勘違いしている

実は、多くの人が勘違いしているのですが、株が上がるのは「買う人が多いから」というわけではありません。市場においては、買う人と売る人の数量が一致しないことには値段は付かないわけですから、株価が上がっている=買う人のほうが多いというわけではないのです。

もちろん、板の上で買いの数量が売りよりも多ければ気配は上がっていきますから、高値がつくことはあります。ただし、これは単にその時点での現象であって、株価が上昇を続ける理由というわけではありません。決して買う人が多いから上がるというわけではないのです。

ではなぜ株が上がるのかと言えば、その理由は“株を買いたいけれどまだ買えていない人が多い”からなのです。“買いたいけどまだ買えていない人”、すなわち市場に「買いたいパワー」が充満しているときに株は上がり続けます。では、どうすれば「今がそういう状態かどうか」を知ることができるのでしょう?

次ページ本当はバブルだと思っていない?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT