五輪「性行為防止ベッド」デマなぜ広がったのか

再生可能な段ボールベッドが誤解を招いた

東京オリンピックの選手村に設置されている段ボールを利用したベッドは再生可能な素材を利用している(写真:Kiyoshi Ota/ Bloomberg)

東京オリンピックに出場するため選手村に入った競技者はベッドが普通でないことに気がついた。段ボールでできていたからだ。

組み立て式になっているベッドフレームの画像をソーシャルメディアでシェアした選手もいる。段ボールベッドはエアウィーヴという日本の寝具メーカー製で、リサイクル可能だ。東京オリンピック・パラリンピック組織委員会によると、ほぼ再生可能な素材だけでできたベッドを使用するのはオリンピックでは初めてという。

選手間で広がった「憶測」

しかし、新型コロナウイルスの感染拡大を懸念する大会組織委員会は人の接触を最小限に抑えようとしているため、この風変わりなベッドには何か隠された狙いがあるのではないか、との説が一部で広がった。

長距離走のアメリカ代表、ポール・チェリモ選手は、1人しか支えられないこのベッドには「アスリート同士が深い仲になるのを防ぐ狙い」があるとする臆測をツイート。すると、ソーシャルメディア上ではこのベッドにすぐさま「反性行為ベッド」とのレッテルがはられた。性行為防止用ベッド、というわけだ。

体操のアイルランド代表、リース・マクレナハン選手はこうした説を「フェイクニュース」と呼んだ。ツイッターに投稿した動画でマクレナハン選手は、跳んだり跳ねたりして、このベッドが激しい動きにも耐えられることを証明して見せた。オリンピックの公式ツイッターアカウントは動画をリツイートし、こんなコメントをつけた。「俗説を打ち砕いてくれてありがとう」。

次ページ段ボールベッドとコロナは無関係
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT