Twitterが大攻勢、3年で「売上倍増」達成への道筋

日本法人代表が語る「矢継ぎ早」新機能の狙い

ツイッター日本法人の笹本裕代表は今年5月からアメリカ本社の日本・アジア太平洋地域担当副社長を兼任。2月に発表した、2023年までに売上高を倍増させる計画の詳細を語った(撮影:梅谷秀司)

「2023年に年間売上高を現在の2倍以上にする」――。今年2月、ツイッターのジャック・ドーシーCEOは突如として野心的な計画を発表した。2020年に37億ドルだった売上高を、2023年に75億ドル(約8000億円)以上に引き上げる。

ツイッターの株価はほかのアメリカのIT大手に比べて伸び悩んでいたことを受け、昨年にはアクティビストファンドのエリオット・マネジメントがドーシー氏の退任要求を突き付けていた。収益拡大を急ぐのにはこうした背景がある。

売上高を伸ばすにあたり、経営指標として重視する「収益化可能な1日当たりのユーザー数」、つまり広告を閲覧するユーザー数は年平均で最大20%伸ばし、2023年末には現状の1.6倍となる3億1500万人にする方針だ。

「機能追加のスピードが格段に上がった」

ツイッターの収益の大半を占めるのが広告収入だ。そのためにはユーザー数を伸ばし、一人ひとりのアプリ上の滞在時間を増やして広告に触れる機会を増やすことが不可欠となる。

そこで同社は今年に入り、新機能を矢継ぎ早に展開し始めている。ドーシーCEOは2月のアナリスト向け説明会で、「2023年までに開発スピードを2倍、つまり従業員1人当たりの機能数を倍増させ、ユーザー数と売上高を直接的に伸ばしていく」と語っていた。

今回取材に応じたツイッターの笹本裕・日本法人代表もこの点を強調する。「ツイッターの開発ツールは創業当初から同じものを使ってきたが、新機能の開発に時間がかかっていた。数年前から進めてきたツールの刷新が昨年完了し、新機能を追加するスピードが格段に上がった」。

これまでは140字以内の「ツイート」を通した文字でのコミュニケーションを中心としていたツイッターだが、昨年11月から縦型の画像や動画を投稿する「Fleet(フリート)」、今年5月からはユーザー同士で音声で会話する「Spaces(スペース)」を開始し、ユーザーの表現の幅を広げた。

次ページフリートを早々に終了した理由
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT