アウディ「Q5スポーツバック」が作るSUV新基準

車内空間を犠牲にせず実現した流麗なフォルム

プレスカンファレンスで新型Q5スポーツバックを発表するアウディジャパン代表取締役社長フィリップ ノアック氏(東洋経済オンライン編集部撮影)
この記事の画像を見る(78枚)

アウディジャパンは7月14日、クーペスタイルのプレミアムミッドサイズSUV「Q5スポーツバック」および高性能バージョンの「SQ5スポーツバック」を国内導入し、8月17日より発売することを発表した。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

Q5スポーツバックは、ミドルサイズSUV「Q5」の派生モデルだ(2021年3月からモデルチェンジされた新型が国内販売されている)。従来からアウディでは、5ドアのハッチバックモデルにスポーツバックの呼称を用いており、ユーザーからの支持も厚い。

セダンタイプでは「A5スポーツバック」や「A7スポーツバック」、SUVでも「Q3スポーツバック」「e-tronスポーツバック」などが国内導入されており、いずれも流麗なルーフデザインが大きな特徴となっている。

優雅なクーペスタイルの外装デザイン

Q5スポーツバックのフロントスタイリング(東洋経済オンライン編集部撮影)

Q5スポーツバックについても、最もキャラクターがわかるのが外装デザインだ。ベースモデルQ5のデザインコンセプトを踏襲しながらも、シングルフレームグリルやルーフ、前後バンパーなどを専用デザインとすることで、スポーティーで流麗なスタイリングを実現する。ボディサイズは、Q5より全長を15mm伸ばし、逆に全高は5mm低く設定した(全幅は同寸)。また、クーペ的なスタイリングとしながらも、Q5とさほど変わらない後席スペースを確保する。

低く抑えられたルーフが特徴的なリヤビュー(東洋経済オンライン編集部撮影)

さらにラゲッジに関しても、Q5の520L(リヤシートを畳んだ場合1520L)に対し、スポーツバックでは510L(リヤシートを畳んだ場合1480L)と、ほとんど遜色ない容量を実現している。アウディジャパンが、このモデルを「クーペスタイルのスポーティーなキャラクターと高い実用性を兼ね備える」と特徴つけた所以だ。

グレード構成は、Q5と同様にアドバンスド(advanced)とSライン(S line)の2タイプを用意する。いずれもQ5に備わっているルーフレールを省くことで、よりスポーティーさを強調したフォルムを実現する。

アドバンスドは、大型SUVのQ8にも採用するグリッド形状のグリルにマットアルミルックの力強い垂直ラインを投入する。オプションには、対向車や先行車を検知すると、ハイビームの照射を自動配光して眩惑などを防ぐ「マトリクスLEDヘッドライト」なども設定している。

次ページ充実装備の「Sライン」と限定車「ファーストエディション」
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT