「エア ジョーダンⅠ」40足持つマニアが語る魅力 ナイキ製スニーカーの沼にハマった理由とは?

印刷
A
A

せっかく集めたとしても3~4年で劣化が始まってしまうスニーカーというアイテム。しかしエア ジョーダン Iなら10年後でもしっかり実用できるに違いない。そう考えた中野さんは復刻のエア ジョーダン Iを中心に、またコレクション活動を再開させたのです。

「2010年代から再び集めだしたきっかけとして、当時復刻モデルに爆発的なヒットがなく、ジョーダンⅠでも比較的買いやすかったことが挙げられます。今では人気のエア ジョーダン Iシャドウなども、当時のアトモス新宿店では普通に展示販売されていました。

その後、ナイキが“OGシリーズ”などを展開することを知り、さらにジョーダン熱が加速していきました」

世界中でリスペクトを受けている特別な一足

学生時代を経て再び身近なアイテムへと返り咲いたエア ジョーダン I。あらためて中野さんはエア ジョーダン Iの持つポテンシャルの高さに気づかされたと言います。

「オリジンと言われる“シカゴ”カラーに始まり、今までいろいろなエア ジョーダン Iを手にしました。しかしどれも製品として高い完成度を実現しているように感じます。マルチカラーにアレンジされると、破綻したり別モノになってしまうモデルも多いのですが、エア ジョーダン Iはどんなアレンジでもしっかりオリジナルの味わいをキープしています。

当然ナイキのセンスの良さもあると思いますが、1985年のオリジナルがベースモデルとして高い完成度を実現していたのだと思います。

中野さん着用のエア ジョーダン ISB レトロハイOG NYCトゥParis(写真:LEON編集部)
次ページマニア心を巧みにくすぐる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT