「エア ジョーダンⅠ」40足持つマニアが語る魅力

ナイキ製スニーカーの沼にハマった理由とは?

ナイキ エア ジョーダン Iの40足超えコレクション!その持ち主は……(写真:LEON編集部)
この記事の画像を見る(7枚)
バーニーズニューヨークに勤務する中野光章さんは、学生時代からの熱烈なジョーダンマニア。貴重な1985年モデルをはじめ、通好みの復刻版を含む総勢40足をコレクションする達人です。今回は、厳選のお気に入りモデルと共に“エア ジョーダン Iならではの魅力”をたっぷりおうかがいしました。

大人スタイルにもマッチする懐の広さが魅力

ニューヨーク発祥の歴史あるスペシャリティストアであるバーニーズニューヨーク。中野さんはその著名企業にて、PRや自社メディアを統括するアシスタントディレクター。

本記事はLEON.JPの提供記事です

以前もこのLEON.JPにて貴重なネイティブアメリカン・ジュエリーのコレクションを見せていただきました。

そんな中野さんですが、昨今SNSの投稿を通じ、スニーカーへの溢れる思いをカムアウト。ニューバランスやアディダスなど幅広いブランドのスニーカーを履いてきた達人であり、特にナイキのエア ジョーダン Iに付いては、スニーカー界のキングと絶賛するほどの大ファンです。同モデルのデビューである1985年から、さまざまなバリエーションを手に入れてきたと語ります。

中野さんのコレクションのなかでも、特に注目すべきが高校2年生のとき、デッドストックにて入手した1985年製の貴重なオリジナル(手に持ったモデル)。ファンの間では伝説となっており、某オークションでは50万円オーバーの値がつくことも。「今も年に一回は足を入れて、その感触を楽しんでいます」(中野さん)(写真:LEON編集部)

「エア ジョーダンとの出会いは高校生のころ。当時僕は先輩の影響もあってクラブ通いを楽しんでいました。夜ごと渋谷に集まる先輩の足下を飾っていた靴こそエア ジョーダン。そのスニーカーを軸とした渋カジスタイルに憧れ、僕も探して履くようになりました。

当時の若者ファッションである渋カジスタイルは、アメリカンカジュアルからの派生系。足下にニューバランスやエンジニアブーツをチョイスする人も多かったのですが、なかでもエア ジョーダン Iを選ぶ人に、お洒落巧者が多かった印象です。当時はベンデイビスなどのワークパンツと合わせた、ストリートなコーディネートがシーンを席巻していました」

エア ジョーダン Iに関しては、アメリカンストリートカルチャーに根差す象徴的なアイテムという側面も、中野さんの興味を大いに惹きつけました。

次ページディープなスニーカーカルチャー
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT