銀河と瑞風、JR西「二枚看板」で挑む地域共生戦略

人気車両活用、自治体と連携しエリア活性化へ

JR西日本の「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」(左)と「WEST EXPRESS 銀河」(筆者撮影)

心地よい列車の揺れにまどろんでいると、白々と夜が明けてきた。車内のスピーカーから懐かしいチャイムが流れる。「ハイケンスのセレナーデ」。国鉄時代の特急などで使用されていたものだ。

往年の夜行列車の伝統を受け継いだJR西日本の特急「WEST EXPRESS(ウエストエクスプレス)銀河」が、紀伊半島に乗り入れる。7月16日から12月22日までの間、京都―新宮間を週4日走行する。金曜、月曜が京都から新宮に向かう夜行列車、日曜、水曜が新宮から京都に向かう昼行列車。コロナ禍での運行ということもあり、旅行商品に限定して販売される。

この記事の画像を見る(11枚)

地元が熱望「銀河」和歌山乗り入れ

銀河の車両は直流近郊型電車の117系を改造して製造された。運行開始は2020年9月。昼間や夜間の長距離列車としてまず関西と山陰、山陽方面を結ぶ。

「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから

「ぜひ紀伊半島にも乗り入れてほしい」と、和歌山県の沿線自治体がJR西日本に提案した。県と新宮市、那智勝浦町、北山村など沿線7市町村が2020年10月、合同でJR西日本に対して銀河の和歌山県乗り入れを要望。今年3月にJRと沿線自治体による協議会を立ち上げ、議論を重ねた結果、実現に至った。

銀河が紀伊半島を走るということは当初からプランにあったのか。こんな疑問に対して、JR西日本鉄道本部の内山興営業本部課長は、「最初から決まっていたわけではないが、基本的には117系の走行実績がある当社の直流電化区間であればどこでも走れる」と話す。117系は紀勢本線などでの走行実績があり、紀伊半島への乗り入れは可能だった。

車両デザインを手掛けた建築家の川西康之氏も感慨深げだ。銀河プロジェクトの検討が始まった5年ほど前から、営業走行する可能性のあるJR西日本の沿線の風景や駅を見て回った。和歌山にも足を運んだ。

次ページ「銀河」のルーツの一端は和歌山だった
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 岐路に立つ日本の財政
  • CSR企業総覧
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT