東証の「プライム創設」で新TOPIXはどうなるのか

TOPIXファンド保有者は売ったほうがいい?

夏の福島開催の名物レースである七夕賞(11日の福島競馬場第11R、距離2000メートル、G3)は予想が難しい。

そもそもが、どの馬にもチャンスがあることが建前のハンデ戦だ。加えて、癖のある福島コース(小回り、平坦、短い直線)で行われるし、雨が多いこの時期は馬場状態がレース直前まで変化する可能性がある。

歴代の勝ち馬を見ても、ここで名を上げてその後に出世するイメージは乏しい。近年だと2019年のミッキースワローがその後にG2クラスで活躍したのが目立つ程度だ。

ちなみに、2002年のイーグルカフェが後にG1を勝っているが、何とダートのG1だ。サラリーマンの出世レースで言うと、決して社長や常務などの候補にならないクラスの高齢社員が、定年前に人生の記念として執行役員を目指すような渋い競争だ。

今回の七夕賞の本命にはトーラスジェミニを採る。前走の安田記念(6月6日、G1)は追い込み馬が1、2着のレースだったが、2番手で先行してしぶとく5着に粘った。レース条件を考えると先行力は魅力で、重馬場の実績もある。

福島巧者で前年の勝ち馬クレッシェンドラブが対抗、3歳時の実績を考えるともう1クラス上が目指せるかもしれないクラージュゲリエが単穴だ。

以下、ミルコ・デムーロ騎手が魅力的なロザムール、福島コースに良績が集中するヴァンケドミンゴ、ハンデが恵まれた感のあるワーケアを押さえる。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT