日本の近代化を牽引した「有楽町」と駅の存在感

帝国ホテルに帝劇、「最新式電車」が乗り入れ

レンガアーチの上を走る京浜東北線。開業時から高架下に出入り口が設けられていた有楽町駅の構造は、110年を経ても変わっていない(筆者撮影)

東京駅は帝都の玄関口としての役割を託されて1914年に、新橋駅は日本で初めて鉄道が開通した際に東京側のターミナルとして1872年に開業した。当時の新橋駅は旧汐留駅だが、歴史ある駅名を継承したこともあり、その存在感は大きい。

一方、両駅の間にある有楽町駅はJRと東京メトロを合わせて1日の利用者が25万人を超えるにもかかわらず、東京駅と新橋駅に挟まれているという地理的な要因や、近隣に地下鉄の銀座駅があるといった点からあまり目立った扱われ方をしていない。

しかし、有楽町という街の存在なくして明治以降の日本の近代化を語ることはできない。なぜなら、政府が推進する近代化政策を如実に反映したのが有楽町駅とその周辺だったからだ。

「文明開化」をリードした有楽町

開国後の日本は西洋列強に肩を並べることをスローガンに掲げ、近代化を目指した。明治期における近代化とは、直截的に表現すれば西洋化ということでもある。

「鉄道最前線」の記事はツイッターでも配信中!最新情報から最近の話題に関連した記事まで紹介します。フォローはこちらから

有楽町駅の開業前、駅東側に広がる銀座は日本屈指の繁華街となっていた。銀座が日本を代表する繁華街へと成長していくきっかけになったのは、1872年に起きた銀座大火だった。灰燼に帰した銀座の再建は井上馨が主導。井上の下には今年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」の主人公である渋沢栄一、後に山形県令として擬洋風建築を建てまくった三島通庸、東京府知事の由利公正などが結集する。

井上はレンガを基調とした西洋風の家屋へと建て替える再建方針を打ち出す。華やかなレンガ造建築にすることで、銀座を歩く外国人たちにも大きなインパクトを与える。そんな思惑から、銀座には赤レンガ建築が溢れた。

西洋風の街並みは銀座煉瓦街と呼ばれ、日本の流行をリードしていく。井上は銀座煉瓦街で手応えをつかみ、1883年に現在の有楽町駅を挟んで銀座と反対側にあたる場所に鹿鳴館を竣工させた。

次ページ鹿鳴館や帝国ホテルが立ち並ぶ街に
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT