近くて遠い「西武新宿とJR新宿駅」がつながる日

直結通路の構想は"複々線化計画"の置き土産

西武新宿駅の改札口付近。JR新宿駅からはやや離れている(写真:西武鉄道)

「世界一利用者数の多い駅」とされる新宿駅。JR、私鉄、地下鉄各線が集結する中、他線とやや離れているのが西武鉄道新宿線のターミナル、西武新宿駅だ。靖国通りを挟んでJR新宿駅の北側に位置し、乗り換えには横断歩道を渡るか、地下道を迂回する必要がある。

その西武新宿駅とJR・東京メトロ新宿駅方面を直結する地下通路を整備する計画が動き出した。地元・新宿区が都市計画変更手続きに着手したのを受け、西武鉄道は4月26日、通路の早期実現に向けて具体的な検討や関係者との協議を進めると発表。開通すれば、JRをはじめとする各線と西武新宿線の乗り換え利便性が向上する。

かつては現在のJR新宿駅側まで乗り入れる計画もあった西武新宿線。線路は延びないものの、地下通路で「新宿駅直結」を図る。

140mの地下通路で6分短縮

計画されているのは、西武新宿駅の地下とつながる地下街「新宿サブナード」と、メトロ丸ノ内線の駅通路「メトロプロムナード」の間を直結する長さ約140mの地下通路。現在も両駅間は地下街でつながっているが、迂回する経路のため徒歩で約11分かかる。新たな通路が開通すれば約5分に短縮される。

西武新宿駅とJR新宿駅の位置関係。赤い部分が新たに整備する予定の通路(画像:西武鉄道)

新宿区の資料によると、通路はサブナードとメトロプロムナードで高低差があるため、メトロプロムナード側に階段やエスカレーター、エレベーターを設ける予定。通路の幅は6mで、同区新宿駅周辺基盤整備担当課によると、ピーク時の通行者数は1時間当たり最大7000人を想定しているという。整備の事業予定者は西武鉄道で、費用は同社が負担する予定だ。

新宿区によると、新たな地下通路にはJR線を挟んで西側、都営地下鉄大江戸線の新宿西口駅方面へ通じる地下道もつながる予定。同地下道は都が整備する計画で、未着手だがすでに都市計画決定されている。将来的には西武新宿駅からJR新宿駅だけでなく、西新宿方面にも地下道経由でスムーズに行けることになりそうだ。

次ページもともとは「複々線計画」
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
自動車販売会社の『車検』争奪戦が熾烈なワケ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT