韓国を一言でざっくり表す「パリパリ文化」の意味

150カ国を旅した経験者から見た韓国の特徴

101カ国を1つのキーワードで理解(写真:Ossiridian/iStock)
150カ国以上を旅し、BBCワールドサービスやロイターなどで放送ジャーナリストとしてレポーターを務めたことのある専門家が、世界各国を一言で要約する――。『世界を知る101の言葉 「単語ひとつ」で国際標準の教養がザックリと身につく』から一部抜粋・再編集してお届けします。

「パリパリ」――急げ! この1フレーズだけで、韓国の文化を要約することができます。韓国では、誰ひとり、何一つ静止していません。1日を支配するのは「ダイナミズム」です。曲がり角の先を急ぐ必要性を加速させるのは、取り残されることへの恐怖です。

この状況を可視化することもできます。平均的な韓国の人が1分間にのぼる階段の数は56段。日本では35段、イギリスでは29段、アメリカでは25段です。あるマッチングサービスの会社によると、最初のデートから結婚までの平均期間は、わずか10カ月あまり。

リラックスタイムさえ「急いで」取ります。韓国では「昼寝カフェ」が増えていて、1時間単位の支払いで、昼休みやその他の貴重な時間にベッドで休むことができます。ここでのトレンドは「ファースト・ヒーリング(素早い癒し)」です。

国民はほとんど仕事の手を止めないので、国際基準で見ると、ほとんど眠っていません。OECDによると、韓国人は年間平均2069時間も働いています。比較すると、日本の労働時間は平均1713時間、オーストラリアで1669時間、ドイツで1363時間です。2014年にOECDが18カ国の睡眠習慣を調査したとき、韓国が最下位だったのは驚くことではありません

一晩の平均睡眠時間が最も多い3カ国――フランスの530分、アメリカの518分、スペインの514分――と比べると、たった469分しか目を閉じていないのです。

「不安感」がテクノロジーを加速させる?

ダイナミズムとは、今持っているものに満足しないこと、そして、つねに今日を通り越して、未来が何をもたらすのかに思いを馳せることを意味します。

根本にあるのは、人生があるべき形に進んでいない、周りの人のほうが成功している、といった「不安感」です。韓国人が、つねに次の転職先を模索し、家庭生活をはるか先まで計画しているのはそのためです。20代のカップルが3人目の子どもをいかに養育するかについて話し合うのは、珍しいことではありません。

同様の傾向から、韓国人が最新ファッションや新しいテクノロジーを好むことも説明できます。韓国は、サムスンやLGなどのハイテク企業の本拠地として有名で、ソウルは世界で最も技術的な都市の一つと見なされています。

次ページダイナミズムを中核とする文化
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 財新
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT