名門の米ギブソン、東京から始まる世界戦略

ギター界の巨人が世界初のショールームを開設

ギブソンのヘンリー・ジャスキヴィッツ会長兼CEO。自身もギターを演奏する

そこで、オンキヨーの若手社員からの提案もあって、2013年初めごろからギブソンブランドを前面に押し出したショールームの開設を検討。ジャスキヴィッツCEOは「日本のマーケットはグレイト。一人あたりのCDの購入量は米国の2倍と、世界で最大の市場だ」と、そもそも潜在需要が高いと見ていたため、今回の開設に積極的に関与した。

「たとえば、米ナイキは世界中の大都市にショールームを持っている。われわれも今後、世界中に出店していく」と、ジャスキヴィッツCEO。「ロサンゼルスやロンドン、パリなどへの出店を検討する」という。

 ファン垂涎!随所に仕掛け

東京のショールームは、当初は1階のみの計画だったが「狭すぎる」とジャスキヴィッツCEOが注文をつけ、現在の2階構造となった。

カフェルームでは、BGMを聴きながら無料でコーヒーを飲むことができる

ショールーム内に足を踏み入れると、ゆったりとした雰囲気の中で、随処に音楽ファンの喜ぶ仕掛けがなされ、同CEOのこだわりがわかる。

1階にはWi-Fiが配備されたカフェルーム。訪問者はそこで、オンキヨーグループが運営する音楽配信サイトによるBGMを聞きながら、無料で提供されるコーヒーを飲んでくつろぐことができる。壁際には、米国の人気ロックバンド「オジー・オズボーン」のギタリストとして活躍したザック・ワイルドが使用したサイン入りのギターが展示されている。ビートルズのジョン・レノンが使用したギターのレプリカもある。

壁際にはプロミュージシャンが使用したギターも展示されている

プロのミュージシャンや有名人がこの店舗に現れることもあるようで、店内の壁のいたるところに、山崎まさよしさんや、エディ・ジョブソン(英国出身のギーボード奏者)などのサインが無雑作に書かれている。

2階はギター試奏ゾーンで、ギブソンの代表モデルであるレスポールやSG、ES-335など、約70本ものギブソンブランドのギターが並ぶ(一部は兄弟ブランドのもの)。訪問者は壁際のギターから好きなものを選び、TASCAM(ティアックが所有するブランド)の機器で録音し、オンキヨーのヘッドフォンで音を確かめながら、ギタープレイを楽しむことができる。

イベントスペース脇のガラスケースには、ギブソン愛好家として知られる、ミュージシャンの松本孝弘さんや斉藤和義さんなどのサイン入りギターを展示。近々、奥田民生さんのギターも展示される予定だ。

次ページギブソンのM&A戦略とは
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT