学生は「就職サイト」に本当に満足しているのか

エントリーシートやOB・OG訪問対策に要望多い

志望企業の面接に至るまでの関門は2つある。1つは適性テスト。もう1つはESだ。適性テストはWeb形式で行われることが多く、「Webテスト」と呼ばれることも多い。適性テストはいくつもの種類があるが、最も有名なのがリクルートのSPI。適性テストの代名詞として使われることがある。

就活の準備にはいろんな工程があるが、最もわかりやすいのが適性テスト対策だ。適性テストの能力試験は学力試験に近い。国語や数学、英語、一般常識などを解説した対策本も出ている。

「もっとWebテストの対策をしたい」(文系・早慶大クラス)、「SPIの攻略・解説について」(理系・その他私立大)などの声があるが、疑似試験や解説を望んでいるものと思われる。ただ就職サイトの適性テスト対策は充実しているので、コメント学生はコンテンツを十分に利用しきれていないのではないか、とも思える。

適性テストの形式には、Web受検、紙受検やテストセンター受検がある。Web受検では身代わり受検が行われる可能性があるが、紙受検やテストセンター受検では学生は出かけて行く必要があり負担が大きい。負担を嫌う学生は、一度受検したらその結果を使い回してほしいとも要望している。

「適性テストの使い回し」(文系・その他私立大)

ESでは、複数の企業に使い回す「オープンES」がある。適性テストでも同様のサービスがあってもいいと思う反面、新卒採用の基本は「個別企業への個別学生のエントリーと選考」だから「使い回し」は逸脱しているようにも感じる。

ただ、私立大学の入試では、「センター試験利用入試」という制度がある。 会場に行っていちいち受験することなく、1回のセンター試験の結果だけで合否を判定してもらうというものだ。入社試験も同じように考えたのもしれない。

OB・OG訪問に関する機能

OB・OG訪問は昔から就職活動の基本である。とくに近年はマスメディアによる“ブラック企業報道”が増えており、OB・OG訪問によって企業の労働実態を知ろうとする学生が増えている。今回の調査でも多くの学生が、就職サイトにOB・OG訪問機能を実装することを要望している。

OB・OG名簿はキャリアセンターで閲覧することができるが、コロナ禍によってキャンパスへの立ち入りが禁止されたり制限されたりする大学が多かった。自室からアクセスできる就職サイトでOB・OG訪問が可能になればとても便利だろう。

「OB・OGと連絡が取れるサービス」(文系・上位私立大)

「企業内の大学のOB・OG情報からその人たちにコンタクトを取れる機能」(理系・その他私立大)

次ページ「就活セクハラ」が背景か
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 本当は怖い住宅購入
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
不祥事続く三菱電機、「言ったもん負け」の特異体質
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
度数1%未満の「微アルコール」が広がる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT