テスラ株「PER650倍超」見方が二極化する将来

高いバリュエーション巡る強気と弱気の根拠

米テスラほどウォール街の見方が二極化している銘柄はほとんどない。今年に入ってS&P500種株価指数の重しとなっている同社株の不振でもこのように相反する評価に変わりはない。

強気と弱気、それぞれの根拠

パイパー・サンドラーのアナリスト、アレクサンダー・ポッター氏はテスラの電気自動車(EV)事業が今後、支配的な地位を占めるとみて株価目標を1200ドルに設定している。これは30日終値(679.70ドル)の倍近い水準だ。一方、ロス・キャピタル・パートナーズのアナリスト、クレイグ・アーウィン氏は、テスラは好スタートを切ったが、競合他社の追い上げを受けると予測し、150ドルへの株価下落を見込む。

こうした異なる見解は、1-6月に他の自動車銘柄が上昇したにもかかわらずテスラ株が約4%下落した要因を浮き彫りにするものだ。株価が8倍余りに達した昨年とは対照的な動きであり、競争上の脅威増大や中国での販売鈍化の兆しを受けて急成長の予想が市場で疑問視されていることを反映するものだ。

次ページ中国ではすでにEV分野でのリード縮小始まる
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT