テスラ株「PER650倍超」見方が二極化する将来

高いバリュエーション巡る強気と弱気の根拠

中国ではすでにEV分野でのリード縮小始まる

アドバイザーズ・キャピタル・マネジメントのポートフォリオマネージャー、ジョアン・フィーニー氏は「テスラは長い間、高品質のEV市場で信頼できる唯一の企業だったが、変化が始まっているとみられる」と指摘。現在の株価評価はテスラが米乗用車販売最大手になることを前提にしており、「それは過大な期待と見受けられる」と語った。

テスラは2020年の世界乗用車販売が約50万台だった。これは米国の新車販売台数計1450万台と比べても小規模だ。テスラはEV市場でゼネラル・モーターズ(GM)やフォード・モーター、フォルクスワーゲン(VW)など従来の自動車メーカーからの脅威にさらされている。一方、UBSグループのアナリスト、パトリック・フンメル氏によると、中国では既に他の新興企業に対するリードが縮小し始めた。

ブルームバーグ集計データによると、テスラの株価収益率(PER)は現在、650倍を超える。S&P500種株価指数は30倍。

原題:Tesla Stall Shows Analyst Rift on Stratospheric Valuation (1)(抜粋)

More stories like this are available on bloomberg.com

著者:Esha Dey

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT