「共産党100周年」中国の若者達が語る党への本音 20代が考える入党のメリットとデメリット

拡大
縮小
100周年を祝う街中の様子(写真:AFP=時事)

中国共産党が7月に結党100周年を迎え、中国は祝賀ムードが高まっている。アメリカに対抗しうる国力を得て、コロナ禍から早期に抜け出したことは、中国人の愛国心や自信を揺るぎなくしているように見える。

では、今の若者は自国や共産党をどう思っているのか。何気なく北京在住の20代女性に聞くと、意外な答えが返ってきた。

「私は愛国者ですけど、共産党は支持していません。党員の私がそうなんだから、党員じゃなければもっと支持してないですよ」

就職に有利、親も喜ぶ

その女性、王甜甜(仮名、25歳)さんは、「共産党を嫌いというわけではないが、特段の感情がない。党員であるメリットも感じない」と付け加えた。

王さんが党員になったのは6年前、大学3年生のときだ。「1年生のとき、学生幹部から推薦されて党の研修を受け始めた。私はクラスで成績が1番だったから選ばれたのではないか。うちのクラスからは3人が選ばれた。残り2人は学生会の幹部とか、教員と関係がいいとかそんな基準じゃないかな」

1年以上かけて党の思想やマルクス主義などの座学を受け、予備党員になった。ここからさらに半年ほど「教育」が続き、優秀だと認められたら正式な党員になる。かなりの時間が取られるため、予備党員止まりの人も多いという。

王さんは「就職に有利と言われていたし、親も『大きなチャンスをもらえた』と喜んだので、党員になった。でも実際には何も有利なことはなかった。年間100元(約1700円)くらい党費を払っているけど、それ以上の関わりはなく、(党員になるのに費やした)時間がもったいなかった」と話した。

次ページ安定求め入党を選択
関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT