ネスレ日本、コーヒー業界団体脱退の真相

「これはもうインスタントコーヒーじゃない!」

ネスレ日本の「ネスカフェ ゴールドブレンド」。お湯に溶かせばコーヒーになるのは「レギュラーソリュブルコーヒー」になっても変わらない

「テクノロジーの分類から言うと、これはもうインスタントではない」――。昨年9月、「脱インスタントコーヒー」を掲げて新たに投入した商品の表記をめぐって、コーヒー業界が二分している。

ネスレは7月24日、全日本コーヒー公正取引協議会、全日本コーヒー協会、日本インスタントコーヒー協会、日本珈琲輸入協会の4団体を退会することを発表した。ネスレは昨年9月、主力商品の「ネスカフェ ゴールドブレンド」などで新製法を採用、これに伴って表記も53年間使ってきた「インスタントコーヒー」から「レギュラーソリュブル(可溶性)コーヒー」に変更した。ところが、業界団体がこの表記を認めないだけでなく、この6月、広告上でも利用できないよう公正競争規約(業界の自主ルール)を改めたことにネスレが反発した格好だ。

 紛らわしい表記にクレームも

ネスレ日本の本社(神戸)

インスタントがコーヒーの抽出液を乾燥させて作っているのに対して、ネスレによると、レギュラーソリュブルは微粉砕した焙煎コーヒー豆を、ネスレ独自のコーヒー抽出液と混ぜ合わせて乾燥して作る。抽出液にコーヒー豆を混ぜている点で、「インスタントというよりもレギュラーに近い」(ネスレ日本の渡辺正人常務)としている。ただ、レギュラーコーヒーとも違うため、「レギュラーソリュブル」という新たなジャンルを設けたのだ。

53年ぶりの全面刷新は大きな話題となり、同社の"インスタントコーヒー市場"におけるシェアは、刷新前から1%上昇した(同社はシェア自体公開していないが、推定6~7割程度とみられる)。

しかし、業界団体はこの新ジャンルに対して当初から難色を示していた。全日本コーヒー協会の西野豊秀専務理事は、「自治体の消費生活センターや当協会に『レギュラーコーヒーと間違えて買ってしまった』というクレームが寄せられている。ソリュブルの意味がわかる人でも、レギュラーコーヒーがさっと(お湯に)溶けるものと思ってしまう」と話す。

次ページ脱退すれば表記は問題なし?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大物経営者でも容赦なし<br>株主総会で支持率低下続出

LIXILグループなど、株主総会における株主提案が存在感を増している。取締役選任決議を独自に調査し、否決5人を含む賛成率の低い30人と、対前年で賛成率悪化幅の大きい200人のリストを掲載。社外取締役に対する株主の視線は厳しい。