さよならオデッセイ!時代を作った花形の終焉

ジャンルを確立するも25年で役割りを果たす

2020年11月のマイナーチェンジで内外装が大きく変わったオデッセイ(写真:本田技研工業)
この記事の画像を見る(33枚)

ホンダの人気のミニバンである「オデッセイ」が、生産終了となることが明らかになった。昨年11月に大規模なマイナーチェンジを実施したにもかかわらず、である。

主な理由は、オデッセイを生産していた狭山工場がなくなることだ。正確には狭山と寄居の2つの工場を、寄居に集約させることにある。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

しかし、実質的には狭山工場の閉鎖であり、これにあわせて同工場で生産されていたオデッセイだけでなく「レジェンド」「クラリティ」も同様に生産終了となるようだ。とはいえ、同じ狭山工場で生産されていた「ステップワゴン」が継続されることを考えれば、オデッセイは、そのモデルライフを終えることになる。

ミニバンがない!ホンダの焦り

初代オデッセイが誕生したのは、1994年のこと。その誕生は、ホンダの焦りを感じさせるものであった。

そもそも1990年代以前のミニバンは、“ワンボックスカー”とも呼ばれており、商用バンの派生という印象が強かった。主流はトヨタの「ハイエース」や「タウンエース」、日産の「キャラバン」「バネット」などで、どれも商用バンを乗用車風に仕上げたものだったのだ。

しかし、1980年代には日産「プレーリー」や三菱自動車の「シャリオ」、マツダ「MPV」などが登場し、商用ではない“乗用ミニバン”というジャンルが生まれていた。そして1990年に、その流れを決定づける1台が誕生する。それがトヨタ「エスティマ」だ。

3ナンバーボディで登場し、ヒット作となった初代エスティマ(写真:トヨタ自動車)

流麗なデザインを持つエスティマは、“天才タマゴ”のキャッチフレーズとともに大ヒット。1992年には5ナンバーサイズに車体を小型化した弟分「エスティマ・ルシーダ」を加え、翌1993年には年間新車販売ランキングで8位となるヒットモデルとなった。

ミニバンが販売ランキング上位に顔を出すなど、当時としては常識外れのこと。そうした流れに合わせるかのように、日産は1991年に「セレナ」(発売当初はバネットセレナ)をリリースする。1990年代に入って、にわかにミニバンへ熱い視線が集まるようになったのだ。

ところが、この状況に困ったのがホンダだ。当時のホンダには、ミニバンを作ることのできる生産ラインがなかったのだ。

次ページ苦肉の策で生まれた“背の低いミニバン”
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT