激やせ金正恩総書記を見て泣き崩れる市民を放映

国営TVが北朝鮮市民の声を伝える異例の事態に

朝鮮労働党の中央委員会総会で発言する金正恩総書記(平壌、6月15日、北朝鮮政府提供)

北朝鮮の金正恩総書記の急激に痩せた姿を見た市民らは泣き崩れていたと、国営テレビが市民1人を引用して伝えた。厳格に統制されている同国の報道機関が、かなり微妙なテーマである金総書記の健康状態について市民の声を報じるのは異例だ。

20人の市民が感想を述べる

平壌市民の男性1人は、人々が「敬愛する同志のやつれた姿を目にして胸が痛かった」とし、「涙が自然に出てきたと誰もが語っている」と話した。朝鮮中央テレビが25日に伝えた。市民の名前は明らかにしていない。

このインタビューは8分間の放送の一部。番組では、金総書記と朝鮮労働党をたたえるプロパガンダの楽曲が目玉のコンサートについて、約20人の市民が感想を述べていた。

次ページ秘密主義が憶測を呼ぶ金総書記の健康状態
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT