元気なうちに要検討!親の「介護費用」いくら必要? 費用の目安や介護保険の仕組みをマンガで解説

印刷
A
A
(出所:『マンガで解決 親の介護とお金が不安です』)

介護保険で受けられる代表的なサービス例

①介護計画作成

ケアマネジャーに相談「居宅介護支援」
要介護度に応じて受けられるサービスを検討し、ケアプランと呼ばれる介護計画書を作成してもらう。

②自宅の環境改善

気軽にレンタル「福祉用具貸与」
介護ベッドや車いす、手すりなど、介護に必要な福祉用具を1~3割の価格でレンタルできる。トイレや入浴用品は購入対象。

20万円まで利用可能「住宅改修」
段差の解消や手すりのとりつけなどの住宅改修に最大18万円(工事費用20万円の9割まで)補助が出る。事前に市区町村に計画書の提出が必要。

③施設に通う

施設で運動や入浴「デイサービス(通所介護)」
車での送迎つきで、食事や入浴などの生活支援や機能訓練などが受けられる。基本は日帰り。昼食代やレクリエーション代は実費を支払う。

施設で機能回復「デイケア(通所リハビリ)」
病院や診療所、介護老人保健施設などの医療機関で受けられる通所型のリハビリ。医師の指示がないと利用できない。

④複合サービス

「小規模多機能型居宅介護」
デイサービス、訪問介護、ショートステイが1つの事業所で利用できる。利用料は月額定額制。

⑤自宅に訪問

身体介護や生活援助「訪問介護(ホームヘルプ)」
自宅での自立した生活を支援するために、ホームヘルパーが料理や洗濯などの生活援助や、さまざまな動作のサポート(身体介護)をする。

自宅で医療的ケア「訪問看護」
主治医の指示に基づいて医療的なケアを行う。病院のほかに、訪問看護ステーションと契約することが多い。

機能回復訓練「訪問リハビリ」
理学療法士(基本的な身体動作)、作業療法士(生活動作)、言語聴覚士(会話や食事)などが自宅でリハビリを行う。

⑥短期間宿泊

30日間まで滞在「ショートステイ(短期入所生活介護)」
利用者の心身の状態が悪いとき、介護者の病気や仕事の出張などのときに、短期間(最長で30日)施設に入居できる。食費と住居費は自己負担になる。

⑦施設で生活

特別養護老人ホーム(介護老人福祉施設)
老健(介護老人保健施設)
介護医療院

介護保険で入居できるのは上の3つ。ほかに介護保険のケアがつく「特定施設」(介護つき有料老人ホームなど)、認知症向けのグループホームなどがある。

次ページ介護保険を利用するには?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
任天堂Switchが「6年目でもまだまだ売れる」根拠
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「漬物」を食べる人が知らない超残念な真実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT